2019年03月24日

2019春 歩き遍路 トピックス(後編)

3日目[3月18日]、仙遊寺から(59)国分寺へは、番外の竹林寺方面への別の遍路道を探索します。

遍路札も無く、東海図版の「四国遍路地図」を頼りに歩き、へんろ石を発見した時には感動しました。

別格10番の西山興隆寺を打ち、いよいよ、11番の生木地蔵へ。
ついに、四国遍路108ヶ所満願となり、一人で感慨に耽っていましたicon104

この日は、「ビジネス旅館小松」に泊まったのですが、食欲旺盛なことから、あの食べきれないほどの夕食(しゃぶしゃぶ)が物足りず、ご飯を6杯も食べてしまいました91  胃袋はどうなっているのでしょうか。


いきなり、貧相で小汚いものをすみませんicon108

4日目[3月19日]の最終日、土砂降りの天候となってしまいました。

この日のメインイベントは、(61)香園寺奥の院での「滝行」です。
褌を身に着け、この後「滝行」に挑戦しました。

冷たい水が身体に当たると、息が出来なくなります。何とか般若心経など一通り唱えました。やり終えて、自分にとって自信となりましたicon09 
この日は特に、水量多くて大変だったかもicon105
滝への道は災害で通行止となっているので、自己責任でお願いします、との事でした。

身体が冷えきってしまいましたが、(60)横峰寺への上りが却って体を温めてくれて助かりました。

ここからもう一つのメインイベント、石鎚山へと続く「モエ坂」の探検です。
通行止になりがちなようですが、道は応急処置されて、災害の爪痕を残しつつも歩くことが出来ました。

麓に下りると、廃墟になった旅館が2軒ある、ミニ温泉街のような光景が・・・面白い。人は住んでいるのでしょうか。

車道を早足で歩き続け、何とか(62)宝寿寺の納経に間に合いました7 噂の住職さんらしき方にもお会いし、親切にして頂きました9

(63)吉祥寺に参拝して、バスで西条駅へ。近くの武丈の湯で汗を流し、夜行バスにicon18
京都に立ち寄り「東寺」に参拝し、今回の遍路旅を終えました。  


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)歩き遍路 トピックス

2019年03月22日

2019春 歩き遍路 トピックス(前編)

3月16日から4日間、春の歩き遍路に行って来ました5

ちょっときつい行程でしたが、無事に歩き切ることが出来て、充実した遍路旅となりましたicon110
「滝行」にも挑戦96、久し振りに、他の歩き遍路さんとの交流もありました。

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介しますicon102


1日目[3月16日]は、高速バスを乗り継ぎ、昼過ぎに(51)石手寺に到着、ここから歩き始めました。

今日は宿まで、半日で約24kmと厳しい行程です。
瀬戸内海が見えてきた辺りから、マラソンのつもりでランニング。
暮れなずむ海辺を2~3kmは走ったでしょうかicon16

その甲斐あって、午後6時半過ぎに本日の宿、「北条水軍ユースホステル」に到着しました。

テレビではタイムリーなことに、「ブラタモリ」で徳島でのお遍路特集をやっていました。徳島県で全47都道府県制覇、これで結願です、とタモリが言ってました。


2日目[3月17日]も、札所四つに歩行距離約36kmと、ハードな一日です。休憩もそこそこに歩き続けましたicon58

午後5時を少し過ぎて、本日の宿、「(58)仙遊寺宿坊」に辿り着きました。

精進料理という事で、念のため食料やお酒を買い込んでおきましたが、ご飯はお替り自由、ビールもOKで、腹をすかせなくて済みました。

テーブルには歩き遍路さんが集合、本当に久々に遍路談義となりました。人のいない時期ばかり歩いているので、7年振りになるでしょうか。とても楽しかったですicon104
後編へと続きます。


  


Posted by こいったん at 00:05Comments(0)歩き遍路 トピックス

2019年03月14日

歩き遍路 2019年3月

これがどこにあるか分かる方は、かなりの遍路通かも(自画像ならぬ自石像です)icon107

先月、久万高原辺りを歩いてきた所ですが、今週末から4日間、再び歩きに行ってきます。

前回が充実していたので、また行きたくなってしまいまして、行き帰りの交通機関も、食事や講話が楽しみな宿も全て予約してしまいました。
時間が経って、ちょっと熱が冷めてきた所ですが、もう行くしかありません8

今回は(51)石手寺からスタート。距離的にハードな日々が続きそうで、到着が遅くなりそう(6時とか)なことも、宿には知らせておきました。

(60)横峰寺からのモエ坂が通れるみたいなので歩くつもりです。

あと、(61)香園寺の奥の院で滝行が出来るとか出来ないとか。
調べてもはっきり分からないので、当日お寺で聞いてやれるようなら挑戦を、とicon108

そしてついに、途中から周り始めた別格のお寺も、11番生木地蔵で全て参拝終了、108ヶ所満願となりますicon104 長かったです。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:08Comments(2)歩き遍路 トピックス

2019年02月22日

2019冬 歩き遍路 トピックス

2月16日から3日間、恒例?になりつつある、真冬の歩き遍路に行って来ましたicon16

心配していた積雪icon04は、暖冬のためか全く無く、歩きに支障はありませんでした。
歩き遍路さんは、逆打ちの方一人とすれ違っただけです。

自分にしては休憩もそこそこに頑張って歩いたのですが、やはり歩くスピードが遅いのかicon86 
、目的寺までは時間が掛かりましたが、なかなか充実した遍路行となりました。

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介しますicon102

1日目[2月16日]は、夜行バスや新幹線などを乗り継ぎ、昼前に内子駅から歩き始めましたicon58

へんろ地図には掲載されていない、「水戸森峠」を越えてみることに5

実際に通り抜け可能なのか分からなかったのですが、無事に通過、通常の遍路道に合流します。

大瀬までは単調でちょっと退屈、突合からは旧小田町を通る道を選びました。

この日は、「山宿お食事処むらや」に泊まりました。


2日目[2月17日]は、畑峠・下坂場峠・鴇田峠・(44)大宝寺からの山道・八丁坂と、5つもの山越えがあり、歩行距離も約34kmと、ハードな一日でした50

「畑峠」は問題なく歩けましたが、遠回りにもなるし、歩くお遍路さんはいるのでしょうか?
何回も巡っているマニアックな方だけなような。

この日はオーバーワーク気味でしたが、歩き通せたのはうれしかったですicon104

本日の宿、「癒しの宿八丁坂」に到着したのは、午後6時を過ぎてしまいましたicon108


3日目[2月18日]は、まだ薄暗い内から、へんろ地図より抹消された「千本峠」を目指します。

確か、豪雨の影響で一時不通になっていたみたいですが、通り抜ける事が出来ましたicon22

三坂峠を下り、松山市内へとやって来ました。

(50)繁多寺へは、地面に書かれたかわいいお遍路さんの絵に案内されながら、小道を右へ左へ。
全く記憶に無かったのですが、以前からこんな道でしたっけ?

繁多寺には午後4時55分に到着、今回の納経はここまで。それでも歩き続けます96

真っ暗な(51)石手寺から道後温泉へ。話の種に、「道後温泉本館」に入ってきました。思ったより小さいのには驚きましたが、空いていたのでのんびり出来ました。
さらに松山市駅まで歩き、夜行バスに乗り、大阪経由で金沢へと帰って来ましたicon102

  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)歩き遍路 トピックス

2019年02月13日

歩き遍路 2019年2月

今週末、土・日・月の3日間、歩き遍路に行ってきますicon22

今回は珍しく、マイカーではなく公共交通機関を使って移動、行き帰りの夜行バスは予約済みですicon18

実は、歩き遍路への情熱がかなり冷めてきている今日この頃7

毎度、一生懸命にお願い事をしているのですが、逆に激的に悪化、神も仏も無いのか、と考えてしまいます。
遍路に出られて、元気に歩けるだけ幸せじゃないか、と言われてしまえばそれまでですが。。。86

と、こんな感じだったのですが、2月が近付いてくると、急にソワソワしてきました。
やはり自分にとっては、梅や蝋梅の花が咲きだす、2月が遍路シーズンのようですicon102


34 雪の大滝寺icon04

ただ、今回のルートは、内子町がスタート。
小田から畑峠、鵯田峠、(45)岩屋寺と計画中。スキー場まであるエリアなので、普通に歩けるのかどうなのか。

この辺りを、脚まで雪に埋まりながら歩いた、と出会ったお遍路さんから聞いたこともありますicon04

出来れば、槙の谷や千本峠なども考えているのですが、どうなることやらicon87
当日の状況をみて、ルートを考えます。

普通の時期なら、(49)浄土寺のある久米まで行けるのですが、今回は(46)浄瑠璃寺まででしょうか。

何にしても、楽しみにしていますicon58  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:07Comments(0)歩き遍路 トピックス

2018年09月06日

2018夏 歩き遍路 トピックス

9月1日から3日間(実質2日)の、弾丸歩き遍路に行って来ましたicon16

今回の札所は、別格7番「金山出石寺」のみです。先日の災害のこともあり、悪路覚悟で歩いてきましたが、大丈夫でしたicon102
この時期やっぱり、と言いますか、他の歩き遍路さんとの出会いはありません7

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介します。

1日目[9月1日]は、前回区切った、43番明石寺のある卯之町駅から歩き始めましたicon71

遍路道ではなく、6年前に歩いた肱川沿いの、のどかな堤防道を進みます。
晴れていたら気持ちの良い所ですが、雨が降り出してきてしまいましたicon03

恐怖の鳥坂トンネルicon108をくぐった後は、別格7番出石寺方面へ。

この日は、伊予平野駅まで歩きました。


2日目[9月2日]は、出石寺に向かって山登りです。
瀬田ルートを歩きました。

遍路道の崩落、草ボーボーを覚悟していましたicon87

一ヶ所、道がえぐれて、枯れ木に手をつきながらヨッコイショーと上がらなければならない場所がありましたが(小柄な方は大変かも)、他は少々荒れた個所はあるものの、普通の別格への道でした。

[7]金山出石寺は素晴らしいお寺で、出立するのが惜しかったです。1時間20分も滞在してしまいました。
帰りは、高山・阿蔵ルートを選び、伊予大洲駅まで歩きました19


3日目[9月3日]は、内子の道の駅まで、半日の予定ですicon01 暑い日となりました。

水害に遭った東大洲辺りの大型店では、ここ最近再オープンしたようなお店が続いていました。
実は、災害ボランティアをしようかとも考えていたのですが、大洲市では愛媛県内の方限定となっています。

[8]十夜ヶ橋には、災害時の水位を表示した貼り紙が、あちこちにありました。

4時間半弱で、道の駅「内子フレッシュパークからり」に到着です。
ここで川遊びをするのを楽しみにしていましたが、最後に大失敗を。デジカメをズボンのポケットに入れたまま、川で泳いでしまいました86 写真はここで終了です。

「オーベルジュ内子」の日帰り温泉を利用してから高速道路をひたすら走りicon17 真夜中に金沢へと帰ってきました。  


Posted by こいったん at 23:57Comments(0)歩き遍路 トピックス

2018年08月30日

英語版へんろ地図 「Shikoku Japan 88 Route Guide」

かねてから見てみたいなあ、と思っていた、英語版のへんろ地図を購入しましたface02

当たり前なのですが、英語ばかりで見にくいものの、地名や宿名には日本語も入っています。

通常の遍路道に加えて、古道など、知らなかった道にも赤い点線が印されており、四国のみちも青い点線となっているなど、情報満載8

これでまた、歩いてみたい道が増えてきました。
現在は主に東海図版の四国遍路地図をメインにして歩いていますので、四巡目には、この地図を参考にしながら歩いてみようか、と思っています11

同じ「へんろ道保存協力会」発行にも関わらず、英語版の方が詳細なのは不思議です。

4年半前に歩いた、別格20番大滝寺の奥の湯温泉ルートが、こちらの地図では消えていて残念ですicon107
まだまだ探せば、色々と発見がありそうです。


地図を見ていると、「何か分かりにくいなあ、何でやろ?」 と思っていたのですが、数日眺めていてようやく理由が分かりましたface08

こちらの地図は、どちらの方向に進めば良いのか、分かりづらいのです7

通常のへんろ地図では、基本的に右から左方向に進んで行けばよいのですが、英語版の地図では、全て北が上となっているため、高知県では主に右から左へ進みますが、愛媛県や香川県では左から右へ、徳島県は右へ行ったり左へ行ったりです。

通常のへんろ地図は、上手いこと作られていたんだなあ、と改めて感心した次第ですface02  


Posted by こいったん at 23:59Comments(0)歩き遍路 トピックス

2018年05月11日

お遍路情報紙 「へんろ」

遍路をしていると偶に見掛ける、
お遍路情報誌「へんろ」を、今更ながら定期購読を始めました。

楽天を通して、ピッピッとクリックで簡単に購入完了、早速「伊予鉄不動産」さんより届きました。

月に1度自宅に送られて、年間1,524円とはとても安いです。きっと、赤字覚悟のお接待で発行しているのでしょう。

読んでいると、「おもてなし遍路道ウォーク」なるものが四国一円で開催されて、1050人の参加者があった、とか、新しい休憩所の紹介など、知らなかった事が分かり、なかなか面白いです。

様々な情報が凝縮されており、これからが楽しみです。  


Posted by こいったん at 23:56Comments(0)歩き遍路 トピックス

2018年03月16日

【番外】 印象に残ったお寺

昨冬の記事が終わりましたので、閑話休題。


印象に残ったお寺についてです。
これまで、88の札所はもちろん、別格のお寺は途中から参拝を始め、あと出石寺・文殊院・西山興隆寺・生木地蔵の4寺で108箇所満願となります。

104寺の中で、印象に残ったお寺と言えば・・・

まだお寺の良さ、というものが分かる境地には至っておらず、どのお寺も同じ印象です。が、一か所だけ例外が。

別格第十五番「箸蔵寺」です。
ここだけは、もう一度訪ねたいという気持ちになります。

人気の無い、山の中腹から突然立派な参道が始まる。きっとここを歩くのは、数日に数人の歩き遍路だけかも。それでも、綺麗に整備されていました。

不思議な赤い屋根の橋を渡る。
玉垣には、大連の地名も見られ、過去の栄華が偲ばれました。

本殿には天狗の額が掲げられている、何とも不思議な感じがするお寺です。
このお寺から続いている、箸蔵街道も歩いてみたいですね。

皆さんの特に印象に残っているお寺はどこでしょうか?

逆に、よろしくないお寺と言えば・・・××寺ですかね。
やたらと多い注意書きに、気持ちも盛り下がってしまいます。17時になったら固く門を閉ざしてしまう所も。


次回からは、昨年のゴールデンウィークに、(32)禅師峰寺から、(37)岩本寺を越えて、土佐入野駅まで歩いた記事となります。黛まどかさんと出会いますよ。  


Posted by こいったん at 23:56Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年11月15日

『歩き遍路』を始めるきっかけとなったTV番組

昨秋の記事が終わりましたので、閑話休題。


歩き遍路を始めたきっかけについてです。
こう書くと何か重いものを感じてしまいますが、自分にとってのきっかけは記事に出来る程度のもので、一本のドラマを観た事から始まりました。
それがこのドラマ。

2004年に放映された、「家栽の人」というヒューマンドラマのスペシャルです。

あらすじは、犯罪を犯してしまった少年(伊藤淳史)が、マスコミの取材から逃れるため、支援者(風間杜夫)と共に四国遍路に出る、更生のために裁判官(時任三郎)が動く、といった内容です。


このドラマに覚えがある方はいらっしゃるでしょうか?


「お遍路さん」、という存在を知ってはいたものの、考えた事もありませんでした。それがこのドラマを観て、若い人でもお遍路するのか、自分もやってみようかなあ、と思った訳です。

と言っても、いきなり歩き遍路をする勇気も無く、翌年(2005年)、とりあえず行ったことが無い四国へドライブに、という名目で出発。明石海峡大橋を渡る頃には、もうヤル気満々になっていました。

このドラマは、TBSのオンデマンドで観ることが出来るようです。
https://tv.rakuten.co.jp/content/39074/



次回からは、2月に(27)神峯寺の麓から、(32)禅師峰寺の麓まで歩いた記事となります。  


Posted by こいったん at 22:00Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年09月02日

2017晩夏 歩き遍路 トピックス(後編)

3日目[8月28日]のメインイベントは、野井坂越え。写真は宮崎橋です。

暑い中、頑張って山道を歩きます。あまりお遍路さんは通らないと思いますが、特に問題も無く大丈夫でした。倒木はありましたが、大したことはありません。

宇和島では、和霊神社でも手を合わせました11

この日は宿取りが上手くいかず、「道の駅みま」まで歩いてから、バスでUターン。
「宇和島リージェントホテル」に泊まりました。


4日目[8月29日]の最終日。(41)龍光寺へ向かっていると、前方からお遍路さんがicon22
ようやく、今回の遍路旅で、初めて歩き遍路さんを見掛けました。

東海図版のルートを、地図を片手に辿ります。
結構頑張って歩いたつもりが、休憩しすぎたのか、時速2.5kmペース。

鳥坂トンネル付近まで歩きたかったのですが、(43)明石寺で打ち止めとなりましたicon108

卯之町駅からJRとバスを乗り継ぎ、宿毛駅へと戻り、車を走らせ、翌日の午後3時過ぎに金沢へと帰ってきました。宿毛から、770kmもありましたicon17

一つ、残念な出来事が。多分初めてかと思うのですが、納経所で嫌な事が。
(40)観自在寺さんで、納経帳を手で払いのけるように、シュッと返されてしまい、ビックリしてしまいました。
話にはよく聞く事なのですが、実際に自分がされてしまうと大ショックでした。文句を言いたくなるのも分かるなあ、です85
  


Posted by こいったん at 22:21Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年08月30日

2017晩夏 歩き遍路 トピックス(前編)

8月26日から4日間、真夏の歩き遍路へ、またも行って来ました。かなり暑かったのですが、元気に歩けましたicon58

歩き遍路さんを全く見掛けず、もしかして絶滅したのでは?、などと考えてしまいましたicon106

最終日になってようやく、逆打ちの外人さん一人と、列車も利用しながら周っている外人さん二人組と出会いました。日本人は何処へ?

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介します。

1日目[8月26日]は、宿毛駅から出発。

松尾峠でも国道でもなく、海沿いにグネグネと続く県道7号(宿毛城辺線)を歩きました。
へんろ地図には掲載されていません。

遠回りでアップダウンもありますが、海を眺めながら6時間半歩いて、(40)観自在寺に到着しました。

この日は、「ホテル サンパール」に宿泊。
おもてなしステーションにもなっている宿で、従業員さんには親切にして頂きました。


2日目[8月27日]は、前回の大岐の浜に続いて、海水浴を楽しみました。

「須ノ川海岸」に荷物を下ろし、上着を脱いでそのまま海へ。
ポッカリ浮いたりもぐったり、夏の最後の水遊びです。

夏遍路の楽しみを発見して、もう止められませんicon01
次は、どこかで川遊びを。

この日は、「三好旅館」に泊まりました。


後編へと続きます。   


Posted by こいったん at 19:33Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年08月07日

黛まどかの四国歩き遍路 同行二人・・・登場してませんでした。

昨夏の記事が終わりましたので、閑話休題。


以前記事にしました、「黛まどかの四国歩き遍路 同行二人」です。
http://masaushi3975.kitemi.net/e99358.html


話は進み、(37)岩本寺を過ぎて、「農家民宿」に宿泊した所まできました。

これで、あの時の方は「黛まどか」さんで間違いなかった、と確定です。


これまでに出会ったお遍路さんとの事をよく書かれているので、自分も登場するか、ついに新聞デビューか、と前日から期待してましたが。。。


残念ながら、スルーされてました(泣)icon108
どうやら、まどか様の眼中には入らなかったようです(笑)icon07

少し落ち込みましたが、元気を出して頑張っていこうと思いますface01


次回からは、昨年11月に(27)神峯寺まで歩いた記事となります。  


Posted by こいったん at 21:45Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年07月20日

2017夏 歩き遍路 トピックス(後編)

3日目[7月16日]は、足摺岬の西岸を歩きます。

軽いアップダウンに息が上がり、調子が悪いです。

宿の関係で今日の歩行は20㎞もありません。
三原村の農家民宿の予約が全然取れないのですが・・・もしかして、お遍路さんはダメ?

時間があることから、中浜では、草刈りお接待を30分程、頑張りました。遍路道の整備に少しですが携われて嬉しいです。

大岐の浜では海水浴を楽しみ、夏の遍路を満喫しました。病みつきになりそうicon19

この日は、「民宿くもも」に泊まりました。


4日目[7月17日]の最終日は、三原村を経由して、(39)延光寺を目指します。

少し気持ち悪くて、息も荒れ気味で、不安になります。意地でも平田駅までは歩かないとなりません。

芳井のヘンロ小屋で、冷たいお茶や缶コーヒー、カップ麺のお接待を受け、管理している方と話も出来ました。

ヘンロ小屋を出発すると、不思議なことに、先程までの体調不良がどこかに行ってしまいました。

宿毛駅には、午後6時半過ぎに到着。何と約40kmも歩くことが出来ました。一つのきっかけで変わるものなんですね。

夏遍路は過酷すぎるのですが、楽しみも多く、止められませんicon01


一つ気になった事が。。。遍路シール、剝がされてませんかface09

肝心な場所に目印が見当たらなかったり、目立たなかったり。初めての遍路だったらきっと、違う方向に行ってしまうのでは。
単に薄くなってしまったと思っていたのですが、裏通りに入るとしっかり残っていました。無理矢理剥がした跡も。  


Posted by こいったん at 22:53Comments(4)歩き遍路 トピックス

2017年07月18日

2017夏 歩き遍路 トピックス(前編)

7月14日から4日間、真夏の歩き遍路に行って来ました。

炎天下の日々が続き、何人もの地元のおばちゃんから、「暑いですねぇ~icon01」「頑張ってicom98」と声を掛けてもらい、熱中症になりかかったものの、何とか歩き切ることが出来ました。

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介します。

1日目[7月14日]は、中村駅に車を止めさせてもらい、前回区切った土佐入野駅に移動、歩き始めました。

この日は、「安宿」に泊まりましたが、宿にへんろ地図の初版がありました。27年前の本のようです。
これはなかなか面白いです。

写真は足摺岬、(38)金剛福寺周辺ですが、宿の数が今の倍以上ありました。

(39)延光寺へのルートですが、こんな道が指定されている?、など色々と発見の連続でした。


2日目[7月15日]は、金剛福寺を目指して、あしずり遍路道を丹念に辿ります。

大岐の浜では、裸足になって波打ち際を歩きました。気持ち良かったです。翌日は、海水浴をすることに・・・。

調子が良くて、お昼過ぎには足摺岬に到着。

この日は、「民宿田村」に泊まりました。なかなか良い宿で、お薦めです。

後編へと続きます。  


Posted by こいったん at 21:17Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年07月10日

黛まどかの四国歩き遍路 同行二人

地元の地方紙、北陸中日新聞を読んでいましたら、「黛まどかの四国歩き遍路 同行二人」の連載が始まっていました。

東京新聞の夕刊や、中日新聞などで掲載されているようです。

「黛まどか」さんという、俳人の方が通し打ちをされ、その時の出来事を綴られるようで、この時は焼山寺から玉が峠を越えた時の話が記事となっていました。

確定ではないのですが、彼女とこのGWにお会いしているかも知れないです。


←写真のどちらかが、黛まどかさんかも

伊の岬トンネル手前の分岐で初めてお見掛けし、その後、古い遍路道を探索していたこともあり、前になり後になり、最後に見掛けたのは、「道の駅 ビオスおおがた」でした。

この道の駅での様子がFacebookに掲載されていて、彼女では、と思ったのです。

歩いている途中で話す機会があり、雨が激しかったので、「ひどい日になりましたね~」と声を掛け、昨日の宿を聞くと「農家民宿かじか」、今日はどこまで、と聞かれ、「行ける所まで歩いて今日帰る」「入野ね」、とほんの少しですが、話を交わしました。
泊まった宿が合っていれば、彼女に間違いないのですが。

自分の事が、ちょっとだけでも記事に載っていないかな~、と期待しています。
そんな有名人だったとしたら、もう少し話をして、存在アピールしておけば良かったです(笑)  


Posted by こいったん at 22:00Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年05月08日

2017GW 歩き遍路 トピックス(後編)

4日目[5月2日]は、土佐久礼から、そえみみず遍路道を歩きました。

知ってはいましたが、高速道路でぐっさりと遍路道が分断されているのをこの目にして、衝撃でした。

山道で息が上がります。まだ40代後半ですが、還暦になっても歩き遍路が出来るのか、不安になります。

道の駅あぐり窪川で食事をしてから、以前は37番札所だった高岡神社に立ち寄りました。

(37)岩本寺を参拝してから、JRで土佐久礼駅へと戻り、この日も車中泊をしました。


5日目[5月3日]の最終日は、早く目が覚めたので、(37)岩本寺で手を合わせてから出発したのは、午前6時でした。

連休後半の初日、国道には車がひっきりなしに通ります。対向車線に渡るのも大変です。もしかしたら、1年で一番、車が多い日になるのかも知れません。

朝から薄曇りでしたが、午後になって雨が。夕方には土砂降りとなってしまいました。

土佐入野駅で打ち止め、車を止めてある窪川へと戻り、須崎のそうだ山温泉で湯に浸かり、土佐ICから高速に乗って、翌日昼に金沢へと帰って来ました。


何人かの歩き遍路さんと言葉を交わしましたが、出会った方でこのブログを見てくれている人がいないかなあ、と思っています。  


Posted by こいったん at 15:39Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年05月04日

2017GW 歩き遍路 トピックス(前編)

4月29日から5日間、ゴールデンウィーク遍路に行って来ました。

真夏かと思うくらい暑い日が続き、半袖半ズボンで十分でした。
歩いている方も、たくさん見掛けました。

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介します。

1日目[4月29日]は、高知市内の1日250円パーキングに車を止め、バスの時間待ちに「はりまや橋」を観光し、(32)禅師峰寺の麓、峰寺通バス停から歩き始めました。

バスの車窓からも、バスを降りた後ろからも歩いている人の姿が見られました。
禅師峰寺の上り口まで行き、お寺に向かって手を合わせてから出発です。

主に、東海図版の地図の赤い点線に沿って歩き、この日は、「ビジネスイン土佐」に泊まりました。


2日目[4月30日]も、古い道を探索しながら進みます。

(35)清滝寺や(36)青龍寺など、打ち戻り区間がある場所を歩いていたためか、たくさんのお遍路さんを見掛けました。10人くらいでしょうか。

こんなに歩き遍路さんを見掛けるのは久し振りです。安心しました。

この日は、20kmも歩かず、「国民宿舎土佐」に泊まりました。


3日目[5月1日]、昨日はなまくらしましたので、今日は頑張ります。

昨日見掛けたり、同宿したお遍路さんと再会したりと、楽しい時間がありました。

横浪スカイラインを通って須崎へ。夕方になってから焼坂峠へと向かい、土佐久礼駅に着いたのは18時半となってしまいました。

この日は、JRで高知市内へと戻り、止めておいた車で車中泊しました。

後編へと続きます。  


Posted by こいったん at 17:08Comments(0)歩き遍路 トピックス

2017年02月21日

2017冬 歩き遍路 トピックス

冬遍路に行って来ました。

三日間とも冬らしくない天候が続き、気温は15℃前後もあったようです。
歩くと暑いのですが、風が強くて身体の表面はひんやりとし、汗をかきつつも寒い、といった感じでした。
梅や蝋梅の花を見ることが楽しみな冬の歩き遍路です。

歩いている方は、チラホラと見掛けました。

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介します。

1日目[2月18日]は、(27)神峯寺の麓、唐浜駅に車を止めて出発しました。

高知県までとなると、車での移動は時間が掛かり、大変です。
広い駅前広場にポツンと車を置き、盗まれたり、張り紙がされたりしないかと不安でした。

前半は国道歩き、後半はサイクリングロード、とあまり変化のない単調な道が続き、退屈でした。「修行の土佐」です。

この日は、「香南市サイクリングターミナル 海のやどしおや宿」に泊まりました。


2日目[2月19日]は、今回の遍路旅、最初の札所となる(28)大日寺に参拝します。

ここで歩き遍路さんと出会い、翌日にも顔を合わせました。孤独遍路が続いていたので、こういったことは5年ぶりかも。

この日は、一度泊まってみたかった、「サンピア セリーズ」に投宿。とても良いホテルでした。

大浴場では、当日行われていた「高知龍馬マラソン」に参加した方と、楽しい出会いがありました。
宿代が高いなあと思ったら、夕食はウン千円のコース料理で驚きました。こんな豪勢な夕食は初めてです。今回限りの贅沢、という事で。


3日目[2月20日]のメインイベントは、(32)禅師峰寺への遍路道です。

東海図版の地図に掲載されている、昔からの道で、道に迷いやすいと書かれていましたが、すんなりと到着出来ました。
こちらの方が、遍路石もいくつかあって、へんろ道にふさわしい印象でした。

昼前には、峰寺通バス停から、後免町を経て、唐浜駅へと戻りました。車は無事にあり、一安心でした。

三度目の利用となる薬王寺温泉で遍路旅の疲れを癒し、車を走らせ、今日の朝には金沢へと帰ってきました。  


Posted by こいったん at 14:32Comments(0)歩き遍路 トピックス

2016年11月22日

2016秋 歩き遍路 トピックス

三日間の歩き遍路に行って来ました。

晩秋に遍路をするのは初めてですが、11月の後半にも関わらず随分と暑くて、半袖になって歩きました。それでも汗が噴き出してきます。山道では、夏のように汗だくになりました(もしかして男の更年期か?)。
歩いている方は、あまり見掛けませんでした。

では、今回の遍路旅を、簡単に紹介します。

1日目[11月19日]は、高知県東洋町生見に車を止めて出発。
どこまでも続く舗装道路と太平洋だけを見ながら歩きます。

青森県から来られたお遍路さんと、久しぶりの抜きつ抜かれつの歩きとなり、楽しかったです。
雨の予報でしたが、幸い、小雨がぱらついた程度でした。

この日は、25㎞ほど歩き、「民宿椎名」に泊まりました。


2日目[11月20日]は、室戸岬の遊歩道や灯台まで丁寧に周りました。

日曜日なので、観光客の姿が多く見られましたが、黙々と歩き続けます。

この日は頑張って40㎞ほど歩き、「ホテルなはり」に泊まりました。到着は夜の7時となりました。





3日目[11月21日]は、雨降りのつらい日となりましたが、あと半日、頑張ります。

(27)神峯寺を参拝し、麓のバス停から帰宅しました。

東洋町の生見まで、バスで2時間、料金は2470円もかかりましたが、三日間歩いた道のりをバスで辿りました。

これだけの距離を歩き切ったのか、とバスに揺られながら感動していました。ロマンを感じます。

薬王寺温泉で遍路旅の疲れを癒し、今日の昼前、金沢へと帰って来ました。  


Posted by こいったん at 13:08Comments(0)歩き遍路 トピックス