2019年11月13日

【3巡目-458】 歯長隧道、43番明石寺まで [2017年8月29日]〈その8〉

「四国のみち」にもなっている森の中の歩きの道を下り、車道へと出てきた。

砂利採取場のような所に、中学校の跡地の記念碑があった。
家も何も無い一帯で、不思議であった。

幅の広いヘアピンカーブで、歯長峠からの遍路道と合流、さらに下って行くと、橋の袂にお馴染みの東屋があった。

「お遍路さん、お茶どうぞ」と、大きな垂れ幕がぶら下がっていた。ちょうどここで休んでいくつもりだったので、立ち寄ることにした。

50代くらいの地元の方が、缶コーヒーやお茶、羊羹やアメなどを提供してくれていた。

毎週火曜日が仕事の休みとの事で、週に一回、この日にお接待しているそうで、たまたまその日に当たったようである。

今回の遍路旅では、今日の午前中に、逆打ちの外人の歩き遍路さんを見掛けただけである。

この方の話によると、お接待所開設前に1人が通過し、その後大学生の二人組とフランス人の二人組が立ち寄ったそうで、少ないながらも歩きの人はいるようであった。

昨日から誰とも出会っていなかったこともあってか、ペラペラと30分程も話をしてから、休憩所を後にした。  


Posted by こいったん at 23:56Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年11月11日

【3巡目-457】 歯長隧道 [2017年8月29日]〈その7〉

しばらくは車道を歩き、歯長峠の入口を目指す。
進んでいるうちに、まさかのトンネルが見えてきた。どうやら、峠への入口を見落としてしまったようである。ボケーッと歩いていたのか。

仕方なく、そのままトンネルへと突入する。幅は狭いが、1.5車線になるように白線が引いてあることから、路側帯は広めである。

そこに前方から車がやって来た。存在に気付いてもらえるよう、道路の真ん中寄りを歩く。気付いてくれたようで、大きく間隔をとって走り去っていった。

歯長隧道を抜けると、工事現場にあるようなプレハブ小屋があり、お遍路さん休憩所となっていた。東屋もある。

辺りをウロウロ探索していると、通り掛かった車が止まり、分かる?、と声を掛けてくれた。迷っていると思ったようである。

ここからは、急な擬木の階段が続いていた。慎重に下る。
側溝に、小さなヘビかマムシらしき生き物がおり、こちらの歩調に合わせ、懸命に逃げ続けている。

急な階段の後も歩きの道が続くが、歩きやすい、とても良い道だった。
昔からの遍路道では無いと思うが、何かで使われた道なのだろうか。  


Posted by こいったん at 23:57Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年11月09日

【3巡目-456】 42番仏木寺、歯長隧道へ [2017年8月29日]〈その6〉

歯長峠方面へと向かう。
分岐には、久しぶりにたくさんの遍路シールが残っていた。
最近では、剥がされてしまったのか、めっきり少なくなってしまっている。

車道から歩きの道となる。勾配もきつくなってきた。
ここから車道に合流するまでは、野井坂でも成功した、根性作戦でいくことにした。
息が切れるのだが、根性で上っていく。

きつい坂の部分には石畳が残っていた。歩きやすい上り道が続くが、下り道になり、おやっと思ったら車道に到達した。

何とか休まずに車道まで出ることが出来た。ここで一休みする。

峠の方から車がやって来て、極端にスピードを落としている。お遍路さんがへばっている、と心配してくれているのだろうか。

ここから、しばらくは車道を進む。
今回は、これまで二度歩いている歯長峠はパスして、歯長隧道を歩くつもりである。

歯長峠は通行止になっていると聞いたような気もするので、入口に表示などあるかなあ、と上り口は確認しておこうと思っている。  


Posted by こいったん at 23:58Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年11月07日

【3巡目-455】 42番仏木寺、43番明石寺まで [2017年8月29日]〈その5〉

(42)仏木寺に到着、参拝する。
数人の参拝客がお参りしていたが、途中から貸切となった。

誰もいなくなったことから、ふと思いついて、真ん中に立ってお経を唱えてみた。いつもはマナー通り、隅っこでお参りしていたので、たぶん初めてのことである。

納経所の場所が変更になっており、以前は納経所だったであろう古い建物が、再び使われていた。
確かこの建物には、古い写真が飾ってあったように思う。
参拝後は、山門を出てすぐの道路沿いの東屋で、缶コーヒーを飲みながらゆっくりと休憩する。

(42)仏木寺を出ると、そのまま県道を進むのが一般的かと思うが、正面の道を行く方のルートを歩いてみることにした。

高速道路の下をくぐってから、農道へと入る。
のどかな道が続き、少し遠回りになるかも知れないが、県道を歩くよりは楽しむことが出来た。

通常の道との合流地点は、県道のすぐ側だった。ここからは、山の方へと入って行く。

少し標高が上がり、「民宿とうべや」さんのある集落などの農村風景が美しい。しばらく見入ってしまった。
日向ぼっこをしている人の姿も遠目に見えている。  


Posted by こいったん at 23:59Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年11月05日

【3巡目-454】 41番龍光寺、42番仏木寺へ [2017年8月29日]〈その4〉

(42)仏木寺へ向かう県道から少し外れ、右の方への道に入る。

東海図版の地図には、「分岐多く、県道をたどる方が無難」と書かれている。それなら行ってみよう、という事で、脇道へと入ってみた。

再び分岐があり、ほとんど読めなくなった道路標識があった。よく見ると、「明石寺12km、仏木寺1㎞」と記してあった。

旧道沿いには遍路石も発見、昔はこの道がメインルートだったのだろう。
バス停もあり、仏木寺へと向かうバスは、下の写真の、車のすれ違いも難しそうな狭い道を通るようであった。

道なりに進み、再び県道が見えてきた。
あっさり通過出来たなあ、と地図を確認すると、どこか手前に分岐があったようで、入り損ねてしまっていた。Uターンする。

先程あった、「正地」というバス停まで戻ると、細い脇道がある。地図ではこの辺りを入るようになっているので、行ってみることにした。

この道で合っていたようで、四国のみちの道しるべが見られるようになり、指示に従って分岐を進むと、ちょうど(42)仏木寺の横側に出てきた。

一旦県道に出て、お寺の正面へ。午前10時過ぎ、(42)仏木寺に到着した。  


Posted by こいったん at 23:58Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年11月03日

【3巡目-453】 41番龍光寺、42番仏木寺へ [2017年8月29日]〈その3〉

(41)龍光寺に到着、参拝する。
一組、二組の参拝客が来ていた。納札入に、凄い注意書きが張られている。納札を持ち帰る行為をたしなめていた。

他にもあちこちに注意書きがあり、(80)国分寺を思い出してしまう。

誰でも受け入れてくれるお遍路なので、もう少し大きな心で参拝客を迎えて欲しいなあ、と思うのだが、逆にお遍路さんが、こうしたお寺も温かく受け入れるように、という事だろうか。何か変であるが。

本堂のさらに上にある、稲荷神社にも石段を上り、手を合わせた。こちらが元々、札所だったようである。

(41)龍光寺からは、横の駐車場の一角から小さな山を越える、歩きの道となる。

へんろ地図では、ちょうどページの境目となっていて分かりにくいのだが、二つのルートが書かれていることに、最近気が付いた。

山頂に休憩所があることにもなっている。今歩いている道には休む場所は無かったので、どういったルートなのだろうか、と気になっている。

森の中を通り抜け、麓の県道に下りてきた。そのまま歩いていれば自動的に(42)仏木寺に着くのだが、東海図版の地図に従い、別ルートを進むことにする。  


Posted by こいったん at 23:57Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年11月01日

【3巡目-452】 「道の駅みま」から、41番龍光寺、43番明石寺まで [2017年8月29日]〈その2〉


通常の遍路道との合流地点に、龍光寺への新しい標石が立っている。ここを左折する。

すると、前方からお遍路さんが歩いてくる姿が見えた。逆打ちだろう。
今回の遍路旅、4日目にしてようやく歩き遍路との遭遇である。

挨拶を交わしてすれ違う。髭をたんまり生やした、アラブ系の方だった。

後になって、もしかしたら道を間違えて反対方向に歩いていたのでは、と心配になったが、帰りのバスの車内から、松尾峠方面に向かって歩いている姿を目撃したので、逆打ちで間違いなかったようである。

見覚えのある、(41)龍光寺門前にある、長命水と書かれた大きな看板の店の前までやって来た。

店の壁には、菅直人元首相のお遍路写真が貼ってあった。
先日テレビで見掛けた時には、年を取ったなあ、という印象で、もう歩き遍路は出来そうにも無い雰囲気だった。

小さなお店や作業場が並ぶ門前街を通り、(41)龍光寺に到着となった。  


Posted by こいったん at 23:56Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)