2021年06月24日

【3巡目-649】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ⑧ [2019年8月4日]〈その8〉


今日は日曜日、混雑する前に食事処に入りたい、と早めの速度で歩き続ける。

今だったらスマホで検索して間違いに気が付けたのだが、この頃はガラケー所持で、検索すると莫大な料金が掛かることから、どうにもならなかった。

国道沿いには、スーパーやコンビニなどが並んでいたが、一向にファミレスは見付からないまま、土居の市街地を抜けてしまった。

土居インター付近まで来ると、再び郊外型店舗が見られるようになってきたが、それでも見当たらなかった。

諦めて、これからの行程を考える。
三島まで頑張って歩いて食事をし、一旦、ホテルに立ち寄って荷物を置いてから(63)三角寺に向かう方法も考えたが、予定通り松山自動車道の側道に戻り、三角寺を打ってから、昼食と夕食を兼ねて豪勢に食事をすることにした。
今日泊まる、「スーパーホテル四国中央」の向かいに、ジョイフルがあるはずである。

「ロケットうどん」なるお店があり、バイクが団体で止まっている。もう正午過ぎとなってしまい、遍路姿一人で飲食店に入る勇気も無い。

コンビニに立ち寄って、パンやおにぎりを買って軽くお腹を満たしながら、国道をひたすら歩く。

寒川付近で再び旧道へと入り、遍路道に戻る。
前方からリュックを背負った歩きの方とすれ違う。お遍路さんなのかどうか分からなかった。

一番、高速道路と接近している場所で脇道へと入り、再び、松山自動車道の側道に戻って来た。

約9kmは側道を歩きそびれてしまった。四巡目には、残りの区間を歩くことにしたいなあ、と思う。  


Posted by こいったん at 00:07Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年06月21日

【3巡目-648】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ⑦ [2019年8月4日]〈その7〉


標石はあったものの、何気ない小さな交差点だったが、そのまま高速道路の側道を進むには道なりでは無く、一旦右に入ってすぐに左へと行かなければならなかった。
ここが間違えやすい地点だろうか。へんろ地図の27.1K地点である。

遍路シールはあったものの、分かりにくい場所に貼ってあり、気付きにくかった。
そのまま道なりに進むと、へんろ地図の赤い点線の道となり、別格の延命寺への道となる。

実は、当初の計画では、高速道路の側道を延々と進むつもりだったのだが、行きの高速バスからこの側道を見ていたら、結構なアップダウンがある様子が窺えた。

この灼熱の時期に、ここを歩くのは不安になってしまい、一旦、途中で街に下りることにして、食料もそれ程持たずに歩いていた。

どこかお店で、生ビールを飲みながらゆっくり休憩したかったこともあり、側道から離れ、土居の市街へと向かうことにした。そのまま道なりに進む。

国道に出れば、食事場所はあるだろう。腹ごしらえをしてすぐに、適当な所で、松山自動車道の側道に戻る計画に変更する。

集落内を通り抜け、国道11号線に出て来た。午前10時半前である。

ここからはひたすら、国道歩きとなる。事前に調べた所では、土居付近にファミリーレストランがあるはずである。と思っていたら、勘違いしていたようだった。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年06月18日

【3巡目-647】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ⑥ [2019年8月4日]〈その6〉


関の戸付近の写真の分岐で、一旦左方向に進んだが、引き返して、右側の高速道路に沿った道を選ぶ。

坂道を進むと、程なくして四国中央市に入ったようで、高速上に看板が出ているのが見えた。

先程までわりと貼ってあった遍路シールも、こちらの道に入ってからしばらくは見られなくなる。歩き遍路は関の戸付近で通常の遍路道に合流する、といったルート設定なのだろう。

もう少しすると、車遍路シールが登場するようになってくるから、この先のへんろ地図に引いてある、高速道路の側道の赤い線は、歩き遍路よりも車遍路のためのものではないだろうか。

と言っても、このような細道を通って(65)三角寺へ向かう車遍路さんなどいるとは思われず、何か理由があるはずなので、知りたい所である。

へんろ道保存協力会のいつもの立杭に、車遍路シールが貼ったものまで設置してあった。

適度にアップダウンを繰り返し、何度か高速道路の上や下を横断しながら進むと、広いグラウンドのある「やまじ風公園」が見えてくる。
ここから高度をグッと下げ、住宅街へと入って来た。

遍路石では無いが、標石があり、「左 伊予鉱山を経て別子山村道」とはっきりと読める。今はただの四つ角に見えるが、古くからの道の交差点だったようである。


  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:05Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年06月15日

【3巡目-646】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ⑤ [2019年8月4日]〈その5〉

農村部となり、視界が開けてきた。地元の方が集まって作業をしており、挨拶を交わす。へんろ地図では、ため池がある場所である。

お遍路さんの登場に、特に驚いている様子は無かった。この道を歩くお遍路さんはいるのかどうか、気になっている。

しばらくで再び、写真の通り、人の気配があまりしない側道となる。意外なことに、一部砂利道区間があった。

坂道を上りきると、高速道路を横断する別の車道と合流した。眺めが良く、景色を堪能しながら少し息を整える。

道は二方向に分かれ、一方はゴルフ場の入口となっており、ちょうど高級車が中へと走っていった。
こちらは「関の戸」方面の看板がある方に進む。

道を横断するようにレールが設置してあり、ちょうど、おもちゃのようなケーブルカーが、ゴルフをする人を乗せて通って行った。なかなか面白い。

ゴルフはしたことが無いので分からないが、ゴルフ場にはこういった乗り物があるものなのだろうか。

新居浜CCを過ぎ、しばらく歩くと、分岐があり、遍路シールは高速道路から離れ、内陸の方へと矢印が向いていた。指示に従うが、どうやらこのまま進むと、国道に出てしまい、通常の遍路道と合流してしまいそうである。引き返すことにした。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:04Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年06月12日

【3巡目-645】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ④ [2019年8月4日]〈その4〉


松山自動車道の静かな側道を、へんろ地図を片手にのんびりと歩く。

遍路シールの指示に従って右折、高速道路の高架下をくぐると、わりと新しい家が立ち並ぶ住宅街となっていた。
久し振りに街中にやって来た印象である。

遍路シールはまたも右へ行くように貼られている。ずっと左、左へと進んで行くはずなのでおかしいなあ、間違いでは、としばらく悩んでしまう。

取り敢えず、指示通りに右方向に行ってみることにした。上り坂となっており、引き返すのは嫌だなあ、とトボトボ進んでみる。

へんろ地図を確認してみると、いつの間にか歩く方向が変わっていたようで、新居浜ICの取付道路の下をくぐり抜けていただけで、こちらの道で合っていたようである。

再び、人の気配がしない道となり、へんろ地図を片手に進んでいく。単調で退屈な道行を想像していたが、こっちかな、あっちかなと、道を探索しながら歩いているから、結構楽しかった。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:03Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年06月09日

【3巡目-644】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ③ [2019年8月4日]〈その3〉


サイクリングロードは、へんろ地図で生協のスーパーがある所で終了となった。
この辺りに別子鉱山鉄道の山根駅があった、と説明版があった。

ここからは、そこそこ交通量のある道をしばらく進む。国領川の袂に、へんろ地図には載っていないファミリーマートがあり、ここのイートインにて腹ごしらえと少し休憩をさせてもらった。

国領川を渡ると、へんろ地図ではそのまま車道が続いているようになっているが、実際には車止めがあり、山根公園の中を通り抜ける形となっている。

何かイベントがあるのか、公園入口には人がたくさんおり、少々気恥ずかしかった。

広々とした公園の中を通り抜けると、集落の中を通り抜ける道となる。
そのまま道なりに進むと、右の方の道へと入るようにと、遍路シールが何枚か貼ってあった。

ここからは人気のない道となった。
全く車が通らない道かと思っていたら、偶に軽トラが走り去っていく。
高速道路は見えないが、走り去る車の音が響いており、後ろからの車の音が聞こえにくいので、注意が必要かも。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年06月06日

【3巡目-643】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ② [2019年8月4日]〈その2〉


拡幅された国道から、普通の道となる。

西之端というバス停を過ぎて、どこかで右へと入って遍路道に一旦戻ってから、松山自動車道の側道へと入って行くことになる。

前方に跨線橋のように歩道らしき道がある。
これから歩く道は別子銅山への鉄道の廃線跡、と聞いたような気もしていた。あれだろうか、と入ってみることにした。

歩いていた国道から、石段を上がってみると、サイクリングロードのような歩道が続いていた。多分、この道で大丈夫だろう。

少し進むと、見覚えのある場所に達した。
友岡食肉店の所で、通常の遍路道と合流する。広い空き地のようになっており、車道と並行してサイクリングロードが続いていた。

遍路シールは両方向についている。そのまま旧街道を行くのが普通なのだろうが、今回は右に曲がる方の道を選択する。

サイクリングロードを進む。
へんろ地図によると、高校があるようだから、平日だったら自転車の学生たちで賑わいそうである。
今日は日曜日ではあったが、早い時間にも関わらず、朝の散歩など、結構人通りがあった。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:01Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年06月03日

【3巡目-642】 中萩駅から、松山自動車道側道経由、65番三角寺へ① [2019年8月4日]〈その1〉


昨夜は22時過ぎに就寝、朝は5時15分に起きる。わりとよく眠れた。

午前6時前、フロントに鍵を置いて、「西条セントラルホテル」を出発した。

伊予西条駅からJRを利用し、中萩駅には6時20分に到着した。今日はここから歩き始める。

本日は、途中から通常の遍路道から離れ、誰も歩くとは思われない、松山自動車道に沿って続いている道を歩くつもりである。さて、どんな道なのだろうか。

(65)三角寺を参拝、麓にある「スーパーホテル四国中央」に宿泊、という予定。
歩行距離は40km近くになりそうなので、暑い中、頑張らなければならない。

駅から国道に出る。この辺りから遍路道は、「旧街道」の標識がある旧道へと入って行くことになるが、今回は国道をそのまま進んでみることにした。

しばらくは、拡幅され立派な歩道がある国道を進む。
ウォーキング中の方と挨拶を交わす。涼しい内に距離を稼がないとね、と声を掛けてもらう。よく分かっておられる。

また、信号待ちしていた広島ナンバーの車の方が、窓ガラスを開けて、頑張って、と声を掛けてくれた。車の中から応援してくれるとは珍しい。
幸先の良いスタートである。
応援クリックをお願いします11
  


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月31日

【3巡目-641】 「西条セントラルホテル」 [2019年8月3日]〈その9〉

午後7時過ぎに、「西条セントラルホテル」に到着した。
名前はデラックスであるが、素泊まり2800円の安宿である。看板の字体がレトロで懐かしい感じがする。

フロントの方に、食事出来そうな場所を尋ねてみるが、残念ながらホテル周辺には居酒屋くらいしか無いようである。仕方なく、今晩はコンビニで食料を調達することにする。

洗濯機が故障している、という事で、近くのコインランドリーを教えてもらう。歩いてすぐの場所にあった。
高校球児の集団で賑わっている。600円の洗濯機しか空いて無く、乾燥機代を含めて、800円掛かってしまった。

せっかく安い宿に泊まったのだが、結局の所、結構な出費となってしまった。値段の割には良いホテルだったのだが。
歩き遍路にとって、宿に洗濯機が無いとこうなってしまうのか。

洗濯の間に食料を調達、ホテルとコインランドリーを何度も往復して、ようやく洗濯を終え、午後10時過ぎに就寝する。



本日のコースタイム
13:16(63)吉祥寺13:40→13:44こがね製麺所14:09→14:49石鎚神社15:20→15:26(64)前神寺15:56→18:33中萩駅前バス停18:40→icon18→18:56西条駅前→19:01西条セントラルホテル


歩行距離:14.1km+α
 歩数  :32786歩
最高気温:34.0℃
最低気温:26.3℃[西条市]

西条セントラルホテル:素泊まり 2800円(事前にネットで予約)
      ※洗濯機1台、だが故障中。乾燥機、無し。自販機あり。浴衣無し。  


Posted by こいったん at 00:03Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月28日

【3巡目-640】 中萩駅前へ [2019年8月3日]〈その8〉

本当は、もう少し先まで、真っ暗になっても進んでおきたかったのだが、明日は日曜日。始発のバスが午前8時台とあっては遅すぎて利用出来なかった。翌朝はJRで中萩駅へと戻ることにしている。













少し急いで歩いたお陰か、予定より若干早く、中萩駅前バス停に到着した。18時40分のバスに間に合ったのだが、あまりの変わり様に驚いてしまった。

左が現在、右が9年前の同じ場所の写真である。二巡目の時も、このバス停を利用した。当時、拡幅工事をし始めていたのだが、道幅が4倍くらいになっていて、同じ場所とは思えなかった。

1時間に1本あるバスだが、車内は貸切だった。いずれは大幅減便とかになるのだろうか。

終点の西条駅前で下車し、近くの「西条セントラルホテル」へと向かった。

夕食の場所を探しながら歩いてみるが、適当な場所は見付からなかった。
宿は裏通りに入った分かりにくい場所にあったが、事前に調べて置いたお陰で、すんなりと到着出来た。  


Posted by こいったん at 00:04Comments(2)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月25日

【3巡目-639】 64番前神寺、中萩駅前まで [2019年8月3日]〈その7〉

二巡目の時に歩いた、西条市内を通る道との合流点となった。

古い石の橋を渡るとすぐにお遍路さん休憩所があったような気がしたが、更地になっていた。

過去の記事を調べてみると、やはりこの場所には「漆陸庵」というお休み処があったようである。

旧街道を進む。こんぴらさんへの古い道標や、小さな史跡があったりと昔からの道だったんだなあ、という雰囲気がある。

交通量の多い国道11号線へと戻ってきた。国道に出てからも、短い旧道っぽい道があったりして、そちらを歩くようにした。

所々に、「まじめなよういちです」と書かれたポスターが貼ってあって面白い。

確か、同じ白石という名前の候補者が二人立候補していて、一人は自民党で有利なはずなのだが、女性問題でお騒がせしていたと思う。で、もう一方の白石さんが、真面目な洋一さんである。

どちらが当選したのだろうか。調べてみると、真面目な洋一さんの方が勝ったようである。

今日は、国道沿いにある「中萩駅前」バス停まで歩いて、バスで西条市内へと戻ることにしている。
この後、18時40分と19時21分のバスがある。早く宿に入りたいので、18時の便に乗ろう、とちょっと急ぎ足で進む。  


Posted by こいったん at 00:05Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月19日

【3巡目-638】 64番前神寺、武丈公園、中萩駅前まで [2019年8月3日]〈その6〉

武丈公園を過ぎ、気が付けば西条市の中心部に近付いてきているような雰囲気となり、道を間違えたことに気が付いた。
地図を確認すると、ずっと手前で曲がらなければならなかった。

これまでの遍路旅で、道を間違えたことはほとんど無かった。
それが今日のように二回も続けて間違えてしまったのは、油断していたのもあるが、道しるべが風化しつつあることが影響しているのかも知れない。

止んでいた雨が再び降りだしてきたが、黙々と歩き続ける。道を修正して、無事に遍路道に戻ることが出来た。

山裾に沿って進むと、一旦民家が途切れ、道は砂利道となった。
前方が樹木で塞がっており、行き止まりか、と思ったらちゃんと草に覆われかかった農道が続いていた。

小道を抜け、廃屋がある一角を過ぎ、集落の道を歩き、道前病院の敷地内に入るような道となる。病院を抜けると、再び田舎道が続くようになった。

左折、右折する場所があり、私製の遍路札が案内してくれるが、ちょっと注意が必要か。

田舎道と言っても民家は結構見られるので、集落に入ったり出たりと進み、見覚えのあるT字路に差し掛かった。  


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月16日

【3巡目-637】 64番前神寺、武丈公園、中萩駅前まで [2019年8月3日]〈その5〉

道しるべに従って、旧道から武丈公園方面への道へと入る。
もう10年も前に歩いたきりで、道の記憶はほとんど残っていなかった。田園風景の中を黙々と進む。

自販機が見つかり、アクエリアスを購入する。四国のみちの立杭があるので指示に従うが、どうもここで道の選択を間違えてしまったようである。

武丈公園からは山裾に沿った道を進むはずなのだが、どんどん違う方向に進んでいっている感じがする。遍路シールも見当たらなくなって、これはおかしい、と気付いた。
方向を変えて進み川沿いに出ると、遠くに橋が見えている。多分、あの橋を渡らなければならないのだろう。

歩行者専用で、通称:メロディー橋と呼ばれる、「伊曽の橋」だった。ようやく遍路道に合流である。

欄干を叩きながら歩くと音楽が鳴る橋で、確かにこんな橋があったなあ、と思い出した。
叩くためのバチが空っぽになってしまっていて、金剛杖で鳴らす訳にもいかず、曲を奏でることは出来なかった。

川では、水遊びしている人たちが大勢いた。余裕があれば自分も、という所だったが、ちょっと時間に追われていたので難しかった。

橋を渡ってから右折し武丈公園に差し掛かった頃、止んでいた雨が再び降ってきてしまった。
その為だろうか、公園からしばらくで右折しなければならなかったのだが、道しるべを見落としたのだろう、道を間違えてしまった。  


Posted by こいったん at 00:07Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月13日

【3巡目-636】 石鎚神社、64番前神寺、中萩駅前まで [2019年8月3日]〈その4〉

境内からの眺めをしばし楽しむ。一面に田んぼが広がっており、素晴らしい。

石段を下り、石鎚神社を後にする。
5分程で、(64)前神寺に到着した。

入口に由緒書きがあり、元々の前神寺は石鎚神社の場所にあったが、神仏分離政策により現在の場所に移った、という事である。
という事は、先程の石鎚神社の場所が昔の札所だったのだろうか。

どんなお寺だったかなあ、と思い出せなかったが、境内に入ると記憶が甦ってきた。一円玉を挟める滝がある。
土曜日ということもあってか、数組の家族連れが参拝していた。

前神寺からは、納経所の横に遍路道が続いていたはずだが、今回は歩いて来た参道を戻る。

旧道との交点には遍路石があり、三角寺へは、「石鎚山駅ヨリ三島駅行便利」と刻まれていた。
駅への案内の遍路石と言えば、(11)藤井寺手前で西オエ駅があったか。

お寺を出て湯之谷温泉の辺りから、夕立となってしまった。雨の予報は出ていなかったのだが。
すぐに止むだろうと思ったら、降ったり止んだり、結構激しく降ることもあった。

ここから先、遍路道は二つに分かれる。二巡目の時に歩いた、国道に並行する旧道が、本来の遍路道のような気がするが、今回は、一巡目の時に歩いた、武丈公園の方の道を進んでみることにした。  


Posted by こいったん at 00:08Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月10日

【3巡目-635】 石鎚神社 [2019年8月3日]〈その3〉

旧道を進み、石鎚神社の入口までやって来た。
これまでは、神社までちょっと距離がありそうなので通過していたが、今回は立ち寄ってみることにしている。

由緒書きがあり、ここが石鎚神社の本社で、中腹の成就社・土小屋遥拝殿、山頂の頂上社の4社の総称が「石鎚神社」、という事である。

これまでインターネットで調べてはいたのだが、簡潔に書かれていることで、ようやく頭に入ってきた。

参拝客らしき車が、2台ほど追い越していった。
しばらく進むと、山門があるが、参拝のための杖が用意されていた。そんなに山の方へと上がらなければならないのか、とビビッてしまう。

山門をくぐって参道の隅っこに、大事なものだけ持って、他の荷物は置いていくことにした。

石段を上がって行く。

途中、水が湧いている場所があり、のどを潤す。てっぺんまで上がると、眼下の田園風景の眺めが素晴らしかった。
前を歩いていた、子供二人を連れた家族連れも到着しており、楽しそうにお参りしていた。

石段は、一般の方にはきついかも知れないが、(10)切幡寺よりは短かったと思うので、歩き遍路だったら大丈夫だろう。

お寺だったら、線香・ろうそく・般若心経を唱えて・・・と時間が掛かるが、神社は「二礼二拍手一礼」でご朱印が頂けるから楽である、と言ったら叱られるだろうか。
  


Posted by こいったん at 00:09Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月07日

【3巡目-634】 63番吉祥寺から、石鎚神社、64番前神寺、中萩駅前まで [2019年8月3日]〈その2〉


「こがね製麺所」にて腹ごしらえをし、本格的に今回の遍路旅の歩きを始めた。

(63)吉祥寺へと戻って国道を横断し、旧道へと入る。
すぐに、3月の遍路の時、(60)横峰寺からモエ坂を通って麓へと降りてきた時に歩いた道を横断する。懐かしい。

歩き始めが結構、つまらなく感じることがよくある。喜んでお遍路に来たはずなのに、なのだが、その内だんだんと調子が出てきて楽しくなってくる。
今回もそんな始まりになった。

「野々市」という場所を通るが、この辺り、「小松」「氷見」と石川・富山県にある「市」の名前が続いている。単なる偶然だろうか。

北陸と四国は、京都・大阪の都からの距離が同じくらいで、方言にも似たような所があって、何か関連があるのかなあという気がしている。

旧道を歩いていると、変わった唐揚げ屋さんがあった。
農家の倉庫のような建物で営業をしている。食事したばかりだったのであっさり通過してしまったが、立ち寄ってみればよかった。よっぽど味が良いのだろうか。

この道を歩くのは3度目となる。あまり記憶に残っていないのだが、たまに、ここで他のお遍路さんと話をしたなあ、などと覚えのある場所が出てきたりする。  


Posted by こいったん at 00:08Comments(1)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月04日

【3巡目-633】 63番吉祥寺から、石鎚神社、64番前神寺、中萩駅前まで [2019年8月3日]〈その1〉


(63)吉祥寺にて、遍路衣装を身に着ける。
チラホラと参拝客の姿もあり、ちょっと安心する。

日陰でベンチのある場所が無いかなあ、と探すが見付からず、照り付ける太陽の元での作業となり、早速、汗が噴き出してきた。

時刻は午後1時半前、今日は石鎚神社にも立ち寄って中萩駅の辺りまで、約14kmの歩行予定である。午後6時過ぎには到着出来るだろうか。

本堂、大師堂にてお参りをし、納経してもらい、まずは腹ごしらえである。早朝、少々口にしただけである。

事前に、(63)吉祥寺周辺で食事出来そうな場所を調べておいた。
少し小松方面に戻った所にうどん屋さんがあるようなので、ここで遅い昼食とすることにしている。

お寺から3分程歩くと、大きなスーパーの一角に「こがね製麺所」があり、無事に営業していた。早速、中へと入る。

セルフ方式がよく分からず戸惑うも、注文するメニューまで何となく決めておいたので、しどろもどろにならずに済んだ。
店内は、昔の食堂風のテーブルや椅子がずらりと並んでおり、少し汚れた歩き遍路が入っても違和感が無い感じで、落ち着いて食事が出来た。  


Posted by こいったん at 00:07Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年05月01日

【3巡目-632】 第31回 区切り打ち 出発[2019年8月2・3日]

31回目の区切り遍路です。
今回も公共交通機関を利用しての四国入りです。

金沢市のお隣、白山市にある松任海浜公園バス停に車を置かせてもらい出発です。

四国まで直通する夜行バスに乗る選択肢もあったのですが、今回歩き始める愛媛県西条市へ向かうには、高速バスを大阪で乗り継いだ方が安くつき、四国行きは出発時間もちょっと早いので、利用は諦めました。

ちなみに、帰りは安いチケットが手に入ったので、このバスを利用します。

大阪から今治行きのバスに乗り換えるのですが、乗車場所の「ハービス大阪」がどこにあるのか分かりません。時間が押していたらパニックになっている所でした。

案内がなかなか見付からず、駅付近をさまよって、ようやく到着しました。

地上部を歩いていると、上がったり下りたりばかりで、地下を進んだ方が楽なのでしょうか。田舎者には都会は大変です。

高速バスに5時間半乗り、伊予西条駅で下車、すぐにやって来た松山行きの特急バスに乗り換え、氷見バス停で下車。前回区切った、(63)吉祥寺はすぐ側です。


本日のコースタイム
金沢→icon17→松任海浜公園バス停23:21→icon18→3日5:00大阪駅7:30→icon18→12:58伊予西条駅→icon18→13:15氷見バス停→13:16(63)吉祥寺  


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年04月18日

【3巡目-631】 第30回 区切り打ち 帰宅[2019年3月19・20日]

「武丈の湯」にて時間を過ごさせてもらう。
帰りは、小道を通って西条駅の南北通路を利用すると、10分程で駅へと戻って来れた。

夜行バスに乗り、大阪駅へ。
JRで京都駅に移動し、駅から歩いて行ける距離にある、「東寺」を参拝することにした。

四国88ヶ所を周る前か後だったか、東寺をお参りする、と聞いたことがあるからだが、なぜなのかは調べてもよく分からなかった。

どこをお参りしたらいいのか分からず、寺内をウロウロとする。朝7時過ぎに参拝したのだが、納経は8時半から、との事だった。

お腹がすきまくっていたこともあり食事場所を探したのだが見付からず、再び京都駅まで戻り、朝食を摂って、再び東寺へ、と行ったり来たりとなって、とても疲れてしまった。

東寺にしろ、高野山にしろ、どうも苦手で、もう行きたくないなあ、という気持ちになってしまう。

京都駅から高速バスに乗り、4日間の遍路旅を終え、金沢へと帰って来た。


本日のコースタイム
伊予西条駅23:00→icon18→大阪駅(ハービス大阪)20日5:54→19→6:28京都駅→東寺→京都駅9:20→icon18→13:22松任海浜公園→icon17→14:58金沢
[第30回区切り打ち 完]

  


Posted by こいったん at 00:03Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2021年04月15日

【3巡目-630】 63番吉祥寺、伊予西条駅へ [2019年3月19日]〈その22〉

(63)吉祥寺を参拝後、すぐ側の氷見バス停から伊予西条駅へ。
1時間に2~3本はバスがあるから便利である。
降車時には、お気を付けて、と声を掛けてくれた。随分と親切な運転手さんである。

ここから夜行バスに乗って、大阪駅経由で帰宅予定である。

駅から15分程歩いて、へんろ地図にも掲載されている、「武丈の湯」へと向かった。汗臭いまま、夜行バスに乗るわけにはいかない。

入浴料は500円だが、石けん等の購入が必要。荷物は、快く預かってくれた。従業員さんは何かと丁寧で、道後温泉とは大違いだった。

時間はたっぷりあるので、ゆっくりとお風呂に浸かる。2時間も入っていた。

入浴後には、先程食事をしたばかりなのに、再び食事処へ。定食類が500円と安かった。

その後は、メモ書きなどをしながら、バスの発車時間まで、計3時間も過ごさせてもらった。大変お世話になりました。




本日のコースタイム
ビジネス旅館小松6:30→6:46(61)香園寺7:17→7:46香園寺奥之院白滝8:27→10:49(60)横峰寺12:03→12:12星ガ森→13:24虎杖→13:35河口→14:31番外極楽寺14:43→15:33黒瀬峠→16:34(62)宝寿寺16:59→17:12桃園17:48→18:00(63)吉祥寺18:22→18:23氷見バス停→icon18→18:39伊予西条駅→19:18武丈の湯22:25→伊予西条駅


歩行距離:34.6km+α
 歩数  :53566歩
最高気温:10.9℃
最低気温:6.0℃
降水量:28.0mm[西条市]  


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)