2022年08月16日

【3巡目-771】 「おへんろ交流サロン」、88番大窪寺へ [2020年8月30日]〈その9〉

「おへんろ交流サロン」を後にする。
次にここを訪問出来るのはいつになるだろうか。還暦の頃だったりして。

今回は、一巡目・二巡目に選んだ女体山ではなく、昔からの遍路道ルートを歩くことにしている。

お向かいに「道の駅ながお」があるのだが、以前は、道の駅の駐車場から石段を上がって遍路道へと入れる大きな案内板があったはずである。
今回はその道を通ってみようと思っていたのだが、その看板が見当たらなかった。
道は残っているようなので、行ってみることにした。

擁壁の石段を上ると、採石場のような場所が広がっていた。上の写真の場所である。
これが出来て、通れなくなったのだろうか。

この日は特に作業などしておらず、鉄の鎖を跨いで、車道となっている遍路道に出ることが出来た。

ここからの道は、二巡目を終えた後の2014年に番外編のような形で、別格20番の大滝寺を目指したこともあり、一度歩いたことがある。

この時はひどい雪の日だった。「花折山へんろ道」という、山の方へと続く道への案内があったのだが、その時は雪のため諦めた。今回は、ここを歩いてみよう、と考えている。
https://masaushi3975.kitemi.net/e75484.html
その入口までやって来た。草ボーボーという訳ではなく、突入出来そうである。  


Posted by こいったん at 00:04Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年08月13日

【3巡目-770】 「おへんろ交流サロン」 [2020年8月30日]〈その8〉

前山ダム直下の長い石段を上がり、県道を進む。
程なくして、「おへんろ交流サロン」へと到着した。
8年ぶりの訪問となる。

館長さんらしき方や係員は毎年交代するのだろうか、元学校の先生風な感じだが、実際にお相手してくれるおばちゃんは変わらずだった。
前回、一緒に写真を撮ったのでよく覚えている。

話によると、新型コロナの影響で、1日に1~2人しか歩いている人はいないそうである。

早速、「遍路大師任命書」を発行してもらうが、通し番号で98号でした。
多分、7月1日からの通算だったと思うので、2ヶ月で98人目、という事になる。

その内、先程期せずして出会った歩き遍路さんも到着した。

おばちゃんと、再会を喜び合っている。福岡の方で、100回以上も四国を周っている、という凄い方だった。

「おへんろ交流サロン」の常連さん、という事になるのだろうか。100回以上も周れる経済力が羨ましい、と思ってしまった。

余談になるのだが、お金がいっぱいあったら、日本一周徒歩の旅をしてみたいと思う。それも、野宿では無く、宿に泊まりながらの贅沢な旅が夢である。
コツコツと宝くじを買っているのですが、なかなか当たりませんね。  


Posted by こいったん at 00:03Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年08月10日

【3巡目-769】 前山ダム、88番大窪寺へ [2020年8月30日]〈その7〉

しばらくは平地を歩いていたが、徐々に山の方へと入って行く。

民家が途切れ、県道を歩いていると、この先で道路工事が行われているようである。
①そのまま進めるが、待たなければならないこともある、②階段はあるが安全ルート、のどちらかを選べるようになっていた。

②のルートは、前山ダムのすぐ手前まで歩いて、階段を使って車道に出る道のようである。
古くはダムなど無かったから、こちらが昔からの道に近いだろう。②のルートを歩いてみることにした。

車一台がやっと通れるような道を進んで、ダムのすぐ手前までやって来た。

古びたトイレと空き地が広がっている。トイレがあるという事は、恐らく昔は、広場があって人が集まるような場所だったのかも知れない。
今は低木まで生えている、荒れた状態だった。

そこから、ずっと上の車道へと階段が続いている。ヒーコラ何とか上って、通常歩く車道へと出ると休憩スペースがあり、そこに一人のお遍路さんが休んでいて驚いてしまった。ずっと歩き続けているような雰囲気でもある。

普通に県道を歩いて来たそうであるが、前後に歩き遍路の方がいたとは思ってもみなかった。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年08月07日

【3巡目-768】 87番長尾寺から、88番大窪寺へ [2020年8月30日]〈その6〉

危ない車道から、旧道のような、車も通らない静かな道へと入る。

一軒の鉄板焼き屋さんがあるが、そこにショッキングな貼り紙が。
「新型コロナのため、常連と知人で静かに営業していますので、県外の方はお断りします」と書かれていた。

この、地元密着のお店に来る県外の人と言えば、歩き遍路しかいないだろう。
気を取り直して、遍路道を進む。
この時から二年が経過しているが、今だ状況があまり変わっていないのが悲しい。

この辺りは、遍路石を始めとした、様々な名勝旧跡が残されており、案内板も新しいものが立てられている。

それらをじっくりと読みながら歩いていては、なかなか前に進めなくなりそうである。かと言って、サラッと読んでいては、すぐに忘れてしまう。

元より、神社仏閣関連には疎いので、読んでも頭を通り過ぎていくばかりで、ほとんど記憶に残っていない。

ガイドブックなどあって、それを手にして歩けば、楽しくなりそうだ。という事で、四巡目はそれを実践して歩き始めている。  


Posted by こいったん at 00:01Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年08月04日

【3巡目-767】 87番長尾寺 [2020年8月30日]〈その5〉

(87)長尾寺は、すっきりとした境内のお寺である。地元の方だろうか、ちらほらと参拝客の姿があった。

その境内に並んでいた遍路用品店だったかは、全てシャッターが下りてしまっていた。

新型コロナの影響で休業中なのか、もう廃業してしまっているのか、寂しい光景である。

ただ、その裏側に、ウォッシュレット付きの新しいトイレが完成しており、利用させてもらった。トイレが清潔なのは、気持ちが良い。

(87)長尾寺を出立する。

ちょっと遍路道を外れて、ローソンに立ち寄り、おやつなどを買い込んでから、(88)大窪寺を目指す。

この辺りは、国民民主党の玉木さんの地盤なのだろうか、ポスターが所々に貼ってあった。
わりと田舎の方になると思うのだが、それでも自民党の候補に勝っているという事になるのだろうから、なかなかである。

しばらくは、歩道も無く、路肩も狭い道路を歩くことになり、ちょっと危ない道が続く。  


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年08月01日

【3巡目-766】 87番長尾寺へ [2020年8月30日]〈その4〉

広瀬橋の辺りで県道と交差する。
ちょうどそこにあった会社に自販機があったので、紅茶を購入した。

ここから、前回は県道を進んでいるから、通常の遍路道を歩くのは11年振りとなるだろうか。

川沿いののどかな道を進んで行くと、お遍路さん休憩所もある。

この辺りから(88)大窪寺にかけては、町独自の遍路道の案内板があったりして、それを読みながら進むことが出来る。

住宅が増えてきて、さぬき市の旧長尾町の中心部へと入って来る。

へんろ地図では、一直線に歩けば(87)長尾寺に行けそうな印象だが、ちょっとした右左折もあり、少し考えつつ進む。

遍路宿の「あづまや旅館」や「ながお路」がある通りに出ると、程なくして(87)長尾寺に到着となった。

いよいよ、最後から一つ前の札所である。午前8時40分過ぎの到着となった。
すっきりとした境内のお寺である。  


Posted by こいったん at 00:03Comments(0)お遍路 第三拝(香川)