2019年10月18日

【3巡目-447】 和霊神社、「道の駅みま」へ [2017年8月28日]〈その12〉

二礼二拍手一礼でお参りする。お守りなどを売っており常時人がいるようで、ご朱印頂けますか、と尋ねると、書いてくれる、との事。

お寺で頼む時は「納経」で、神社だったら「ご朱印」でいいのだろうか。日付を入れてくれる所が嬉しい。
88ヶ所のお寺だったら、お願いしても日付は入れてくれないような気がする。

日影の涼しい休憩所があったので、ここでゆっくりと休ませてもらう。ちらほらと参拝の方が来ていた。「和霊神社」で40分程過ごし、出発する。

国道56号線に出る。郊外型店舗が並び、賑やかである。
通り掛かりの作業服屋で、保冷バックが軒下に並んでいたので購入する。地元では欲しくても見つけられなかったので、丁度良かった。

三間方面への分岐を右折、JRを跨線橋で越えると交差点がある。
標識の支柱に遍路シールが何枚か貼られていた。通常の遍路道と合流したようである。が、東海図版の地図では、左に行く方が旧道のようなので、そちらに入ってみる。

見覚えのあるコインランドリーの場所で、再び遍路道に入った。
向かいには、新築のアミューズメント施設が出来ている。パチンコ屋だろうか。たぶん、「宇和島クアホテル」があった場所である。

ここからは、県道57号線を黙々と歩く。この区間、単調で退屈な道、という印象が大きく残っている。実際はそこまででは無かったのだが、退屈と思い込んでいたせいか、欠伸まで出てきた。
山の方へと向かうような雰囲気の道で、時折、民家や事業所が現れる。  


Posted by こいったん at 23:50Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月16日

【3巡目-446】 宇和島市内、和霊神社 [2017年8月28日]〈その11〉

「宇和島リージェントホテル」で予約を済ませる。
素泊まり5700円と高く、大浴場は無さそうだったが、ホテル内に定食が食べられる店があるようなのは良かった。

遍路道沿いにある、宇和島バスセンターに立ち寄り、バス時刻の確認を行う。

務田駅まで歩いてJRで戻ってくる方法もあるが、宿はバスセンターに近いため、バスを利用して宇和島まで戻ってくる方法を考えている。

待合室に入ると、ちょうどテレビでは、羽田孜元首相が亡くなった、というニュースが流れていた。時の流れを感じる。

(42)仏木寺まで行くバスは一日数本あるが、明日の朝のことまで考えると、一日一往復のみ、松山行きの特急バスが「道の駅みま」を通っている。一往復ながら、こちらの方が都合の良い時間に走っており、まだ一日を有効利用出来そうである。今日は道の駅を目標に歩くことにした。

少し時間に余裕がありそうなので、「和霊神社」に寄ってみることにした。結構、大きな神社と聞いている。

遍路道を外れ、大通りをそのまま進む。これまで二度泊まった、「宇和島オリエンタルホテル」の前を通り過ぎると、和霊神社の入口があった。
へんろ地図では川向こうに神社があるが、大通り沿いからもう神社の敷地になっていた。さすが大神社である。  


Posted by こいったん at 23:51Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月14日

【3巡目-445】 宇和島市内にて [2017年8月28日]〈その10〉

かつて休憩所があった場所から、右の方へと進むように指示が出ているが、ここからも東海図版の地図で歩いてみる。

左に行ってすぐに橋を渡るようである。マニアックな道にある、緑色のシールもしっかり貼られている。そちらに行ってみる。

地図を片手に歩き、「天赦園」という、国指定名勝を過ぎて、大通りに出た辺りから、道が分からなくなってしまった。
遍路シールもあったので、仕方なく、一般の遍路道に戻ることにした。
少し進むと、へんろ地図にも載っている「宇和島リージェントホテル」がある。

何度か、今日泊まりたいと考えている、「民宿とうべや」さんに電話しているのだが、一向につながらない。
このホテルに着くまでに連絡が取れなかったら、直接、予約をしよう、と歩きながら考えていた。

ホテル前までやって来て、最後にもう一度、民宿に電話してみるが、やはりつながらなかった。タヌキがやって来る、という事で、以前から泊まってみたい宿だったのだが、今回もまたご縁が無かった。

諦めて、ホテルへと入り、フロントの方に今日泊まれるか尋ねる。空きはあるようで、お願いする。
ただ、この時間からでは、との事で、もう少し後に来ることを伝える。元々、行ける所まで歩いてから公共交通機関で戻るつもりだった。  


Posted by こいったん at 23:52Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月12日

【3巡目-444】 宇和島市内へ [2017年8月28日]〈その9〉

国道を歩き、おなじみの出口バス停までやって来た。小さなバスターミナルとなっている。

隣にある、スーパーか何かだったかの裏側の道を進むことになるが、お店が無くなっており、新築の会社に変わってしまっていた。
すぐに大通りに戻り、右折する。

「くすりのレディ」という、ドラッグストアがある。北陸では見掛けないが、全国チェーンだろうか。
経口補水液などの飲料、そしてアロンアルファを購入した。
頭陀袋のヒモが、汗のためだろうか、少しずつ取れかかってきている。以前、(22)太龍寺で、突然ブチッと切れて困ってしまったこともあり、補強しておくためである。

通常の遍路道は、もう少し先まで大通りを進むことになっているが、東海図版の地図では、脇道に入ることになっている。

ローソンと石材店の間の道へと進んだ。住宅が密集している場所を歩き、程なくして通常の道に合流した。

「馬目木大師」に立ち寄ってみる。駐車場の一角にお堂があるような印象だった。

車道に戻り突き当たりまで来ると、角地にお遍路さん休憩所があったはずである。そこを次の一休み場所に考えていたのだが、残念ながら閉鎖されてしまっていた。  


Posted by こいったん at 23:53Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月10日

【3巡目-443】 野井坂、宇和島市内へ [2017年8月28日]〈その8〉

柿木庚申堂を過ぎ、国道との合流地点の手前に、へんろ地図には赤い線が引いてない旧道があり、そちらの道へと入った。遍路シールも貼られている。
道は狭いが車も通らないので、のんびりと歩くことが出来た。

宇和島市内へと続く国道に合流する。
突き当りにコインランドリーがあり、ここで予約の電話をさせてもらうことにした。

「民宿とうべや」さんに連絡してみるが、留守のようである。この後、何度も電話するが繋がらなかった。
やはり前日までに予約するべきなのだが、真夏の遍路なので致し方ない。

その少し先に、ファミリーレストランのジョイフル祝森店があり、当初の予定通りに立ち寄る。

時間がまだ早くお腹はすいていなかったが、スパゲッティを頼み、スープや水をガブ飲みして、水分補給や塩分補給を行った。

どれだけ飲んでもトイレが近くなるようなことはなく、身体に吸収されてしまうのが夏遍路である。スープは10杯くらい飲んだろうか。

店を出て、国道を進む。沿道には郊外型のお店が並んでいる。無料の高速道路が出来ているはずだが、それでも結構車が走っていた。  


Posted by こいったん at 23:54Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月08日

【3巡目-442】 野井坂、宇和島市内へ [2017年8月28日]〈その7〉

「野井坂へんろ道」を歩き、麓へと下りてきた。
前方に高架の道路があり、道に沿って田んぼが並んでいる、狭い谷間である。

あぜ道を通って、高速道路の側道に出た。横の田んぼでは、家族総出といった感じで作業を行っている。今時、珍しい光景である。

休憩したかったので、日陰部分を探しながら歩く。
高速道路の下をくぐり、反対側の側道に出た所で、ちょうど道が日陰になっていたので、ここで一休みすることにした。
冷凍してもらった水を飲む。

時刻は、午前10時過ぎである。
国道との合流地点に10時半過ぎまでに到着出来て、体調不良などなければ、今日は「民宿とうべや」さんにお世話になろうと計画していた。

今のペースでは、何とか(42)仏木寺まで行けそうである。どこか静かな場所で、予約の電話をしてみることにする。

味気ない高速道路の側道を進むと、民家が見られるようになってきた。
松尾峠からの遍路道との合流地点付近に、「柿木庚申堂」の説明板があった。少し土道を進んだ所にあるようである。  


Posted by こいったん at 23:55Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月06日

【3巡目-441】 野井坂へんろ道③ [2017年8月28日]〈その6〉

木のベンチがあり、眼下の谷間の風景が眺められる場所があった。

一息つくには良い場所だったのだが、根性で上っている最中である。折角のベンチなので、一瞬腰を下ろして、すぐに出発した。

一休みしたい所を我慢して進み、擁壁の場所から17分で峠らしき場所にたどり着いた。気合で何とかなるものである。

野井坂と言えば主要な道路だったと聞いてはいるが、峠のお地蔵さんのような石仏などが全く見当たらなかった。途中の道沿いにも全く無かったので、本当に昔からの道なのかなあ、という印象だった。

峠らしき場所を下ると、再び炭焼き窯のような遺構がある。

道を5分ほど下ると、下方に簡易トイレがある、少し開けた場所に出てきた。

野井坂へんろ道に関する説明板があり、隅っこに遍路シールも貼られていた。大正時代に今の県道が開通するまでは、重要な生活道路として使われていたそうである。

山道を下る。一か所、巨木が道を塞いでいた。大きく脚を上げて、跨いで通過する。
説明版の場所から15分で、「野井坂登り口」と書かれた新しい看板の所に到達した。  


Posted by こいったん at 23:56Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月04日

【3巡目-440】 野井坂へんろ道② [2017年8月28日]〈その5〉

宮崎橋を渡った所に少し草が生えている。その辺り、マムシに気を付けるように、と助言をもらい、軽トラのおじさんは去って行った。

10m程、草が生えている部分があったが、「野井坂へんろ道」で草が生えていたのはここだけで、後は歩きやすい道が続いていた。
その部分に石仏が並んでいた。明治、と周防の文字は読めた。

ジグザグと歩きの道を上る。今回の遍路旅初の山道となる。草はほとんど生えていない。3分程で車道に出てくると、見覚えのある擁壁が現れた。ここの写真は色々な所でよく見掛ける場所である。

道端で一休みする。
野井坂の峠は243mあるとの事で、それ程の高さでは無いのかも知れないが、最近息が続かないし、夏場でもあり、気合を入れなければならない。

ここから峠まで、休憩しないで根性で上ってみることにした。
擁壁を上ると、再び山道となる。
すぐに、炭焼き釜の跡のような、石積みの円形の遺構があった。

上りが続き、すぐに息が荒れてくる。いつもだったら立ち止まって息を整える所だが、そこは根性と自分に言い聞かせて、上り続けることが出来た。気持ちの問題と言うのは、意外と影響があるようである。  


Posted by こいったん at 23:57Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)

2019年10月02日

【3巡目-439】 野井坂へんろ道① [2017年8月28日]〈その4〉

満願寺を出て、遍路シールに従い、今来た道を少し戻る形で、集落内の狭い道へと入る。広い通りに出て橋を渡り、道なりに県道を進む。

民家が途切れると、遍路石や石仏などがまとめられている場所があり、雰囲気が出てくる。

ニワトリ小屋を過ぎると谷間が開け、野井の集落となった。意外と民家がある印象だが、人の姿は見られなかった。

集落の外れまで来ると、「おへんろ墓」と新しい木札が立っており、小さなお墓が並んでいた。

山が寄ってきて、木に覆われた道となる。
林の中で分岐となり、県道から分かれることになった。小さな橋を渡り、対岸を遡って行く。

砂利道を上っていくと、向かいから軽トラックがやって来た。除ける場所が無く、ちょっと先の広くなった場所へ小走りする。
ちょうどそこが、「宮崎橋」の入口の所だった。

軽トラックのおじさんが顔を出して、橋渡れるか、と声を掛けてくれる。木は朽ちてきてはいるが、まだ大丈夫そうである。
この先、マムシがいるから気を付けるように、との事だった。白い長靴に二回ほど噛みつかれたことがあるそうで、万が一噛まれたら・・・すぐに救急車を呼ぶことやな、との事だった。
白い靴下にサンダル履きなので、ドキッとする。  


Posted by こいったん at 23:58Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)