2018年12月10日

【3巡目-326】 37番岩本寺から、佐賀、大方、土佐入野駅まで 〈その4〉[2017年5月3日]

歩きの道を下ると、国道トンネルの出口の真上を横断する。
トンネルから出て来る車を真上から見下ろす形となり、大変面白い。

そのトンネル脇に降りるが、すぐにまた歩きの道となる。
写真の市野瀬遍路橋を渡る。お遍路さんの有志がお金を出し合って作られた橋、ということになるのだろうか。

歩きの道が続くが、道幅のある場所もあり、国道の旧道だった道を利用した区間があるのかも知れない。

森の中を歩いて、西尾自動車の所へと降りて来た。
新しい遍路小屋が出来ていると聞いていたが、見当たらない。簡易トイレだけが、ポツンとあった。

前回も腰を下ろさせてもらった、お墓の縁で休ませてもらい、腹ごしらえをする。ここは眺めもいいし、気持ちが良い。

イケメンの外人さんもやって来て、挨拶をすると、ハ~イと言って通過していった。
鉄骨の階段を下りて行くが、その後姿が見えなくなった。おかしいなあ、と思っていたら、何か建物の屋根が見えている。
よく見てみると、新しい休憩所が死角となっている場所に出来ていた。  


Posted by こいったん at 00:08Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年12月07日

【3巡目-325】 37番岩本寺から、佐賀、大方、土佐入野駅まで 〈その3〉[2017年5月3日]

ローソンを出発する。先程のトイレの中学生が、こちらをしっかり見て挨拶をし、自転車を走らせていった。なかなか礼儀正しい、良い子だった。

いずれは甲子園に出てくれないかなあ、と思ったりもする。
郊外の方まで来ると、高台に窪川運動場というのが見えてきた。ここで練習試合でもあるのだろう。

国道には、朝早くからたくさんの車が走っている。
今日は、GW後半の初日である。これから、ますます車は増えていくことだろう。

左手にお大師さんの像や遍路札が見えてくると、一旦国道から離れ、細い道の方へと入る。その先、ゴミ処理場となり、お遍路さんに限って敷地内を入って通過出来る事になっている。「お偏路さん」、となっている看板の字の間違いが気になってしまう。

5年前に通った時とは様相が変わっており、その頃には既に廃工場のようになっていて、室内を窺ったりしていたのだが、きれいに更地となってしまっていた。

ここからは歩きの道となり、標高を下げていくことになる。佐賀温泉辺りに泊まったのだろうか、早速逆打ちの方とすれ違う。
もう少し進むと、お遍路さんが何か作業をしている様子。歩きながら、遍路道にある木の枝などを取り除いてくれているようだった。

感謝の言葉を伝えなければならなかったのだが、何してるんですか、と変な聞き方をしてしまった。もう少し状況を把握してから声を掛けなければならなかった、と反省している。  


Posted by こいったん at 00:09Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年12月04日

【3巡目-324】 37番岩本寺から、佐賀、大方、土佐入野駅まで 〈その2〉[2017年5月3日]

午前6時過ぎで、窪川の街はまだ静かである。
大きな水車と、明治時代の道しるべがある場所までやって来ると、国道56号線と合流する。

すぐに、「西の家」という、へんろ地図には掲載されていない宿があった。歩き遍路が泊まっても大丈夫なのだろうか。
喫茶が併設しており、自家製野菜、などの文字もあり、なかなか良さげである。

程なくしてローソンがあったので、ここで今日の朝食などを仕入れることにする。
これまでは必ず朝食を摂ってから歩いていたのだが、朝食抜きで歩き始めたらどうなるかを実験中である。

朝6時過ぎにも関わらず、中学生と親だろうか、次々とお客さんがやって来ていて、大賑わいである。

昨日、(37)岩本寺で見掛けた、イケメンの外人さんもいたので挨拶をする。片言の返事が返ってきた。
おにぎりやサンドイッチ、ゆで卵にお菓子などを買い込む。

やはりと言おうか、お腹の調子が今一つなので、念のためにトイレもお借りする。
トイレから出ると、野球部の少年がドア前で待ち構えていた。ゴメンゴメンと謝る。すぐにでもトイレに入りたかっただろうに、おじさんのせいで待たされて、際どい所だったのだろう。

店を出ると、イケメンの外人さんが、入口横でスパゲッティを食べていた。なかなか大胆である。  


Posted by こいったん at 00:10Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年12月01日

【3巡目-323】 37番岩本寺から、佐賀、大方、土佐入野駅まで 〈その1〉[2017年5月3日]

道の駅「あぐり窪川」で車中泊をし、早くに目が覚めたので、早々に出発する。

(37)岩本寺近辺の駐車場として、地元の方から昨日、近くの廃業したスーパーなら一日くらい車を止めても大丈夫、との情報を得ていたので、そこに駐車させてもらった。
6分歩いて、(37)岩本寺に到着した。まだ午前6時前である。

門前で、昨日の韓国の方に出会った。昨夜は、岩本寺の通夜堂に泊まった、との事だった。歩きが速そうなので、今日はもう会うことは無いだろう。内に闘志を秘めている、といった感じで、印象に残る方だった。

その後、別の方のブログの動画の中に登場されているのを発見、無事に(88)大窪寺まで歩き、結願されたようである。

昨日、岩本寺での納経は終えているので、手だけでも合わせていこうかと境内に入ると、見覚えのあるお顔が。

昨年のGWに、「ふれあいの里さかもと」で同泊した方だった。
色々あった(怒られた)のでこちらははっきりと記憶していたが、向こうは覚えていなかった。宿で起こった出来事をお話すると、理解されたようだった。

歩き遍路さんではあるが公共交通機関も使うようで、これから土佐くろしお鉄道に乗り、(38)金剛福寺を目指すそうで、昨日まで、石川県からのお遍路さんと歩いていた、との事だった。未だに、同郷のお遍路さんとの出会いは無い。握手をしてお別れする。

今回の遍路旅、最終日の歩きを始める。  


Posted by こいったん at 00:09Comments(0)お遍路 第三拝(高知)