2019年03月20日

【3巡目-355】 下ノ加江から、以布利、窪津、38番金剛福寺まで 〈その2〉[2017年7月15日]

【3巡目-355】 下ノ加江から、以布利、窪津、38番金剛福寺まで 〈その2〉[2017年7月15日]そのまま国道を進むのではなく、旧道っぽい雰囲気の道があれば、そちらを選びながら歩いて行く。
道は緩やかな上りとなっている。

これまでの夏遍路では二日目の、それも歩き始めて1~2時間内に体調が悪くなる傾向があるので、息遣いが荒くなったりしないか、心配しながらの歩きであった。自分の中で、勝手に魔の二日目、と呼んでいる。

次第に海の眺めが雄大になってきた。
遠くに、今朝出発してきた、下ノ加江の集落が見えている。結構、大きな集落である。わずか30分程で、随分と遠くまで歩いて来れたなあ、とも思う。

【3巡目-355】 下ノ加江から、以布利、窪津、38番金剛福寺まで 〈その2〉[2017年7月15日]国道を歩いていると、50代くらいだろうか、女性の歩き遍路さんが前方からやって来た。今回出会った、数少ないお遍路さんの一人で、挨拶を交わしてすれ違う。

久百々の集落が見えてきた。
ここも旧道を辿りたいが、歩道は海側にあり、道路とは柵で隔てられているため、脚を上げて跨いで反対車線へと渡った。

通行止の表示があるが、歩きだったら行けるかなあ、と思い、進んでみる。集落へと入る小さな橋にトラロープがゆるく張ってあり、車は通れないようになっていた。

集落内の小道を進み、国道に出る直前に、丘を越えるあしずり遍路道の案内があり、指示に従う。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事画像
【3巡目-390】 民宿「くもも」② 〈その17〉[2017年7月16日]
【3巡目-389】 民宿「くもも」① 〈その16〉[2017年7月16日]
【3巡目-388】 大岐の浜、久百々へ 〈その15〉[2017年7月16日]
【3巡目-387】 大岐の浜 〈その14〉[2017年7月16日]
【3巡目-386】 土佐清水、大岐の浜へ 〈その13〉[2017年7月16日]
【3巡目-385】 土佐清水市内にて 〈その12〉[2017年7月16日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事
 【3巡目-390】 民宿「くもも」② 〈その17〉[2017年7月16日] (2019-06-18 00:04)
 【3巡目-389】 民宿「くもも」① 〈その16〉[2017年7月16日] (2019-06-16 00:03)
 【3巡目-388】 大岐の浜、久百々へ 〈その15〉[2017年7月16日] (2019-06-14 00:02)
 【3巡目-387】 大岐の浜 〈その14〉[2017年7月16日] (2019-06-12 00:01)
 【3巡目-386】 土佐清水、大岐の浜へ 〈その13〉[2017年7月16日] (2019-06-10 00:02)
 【3巡目-385】 土佐清水市内にて 〈その12〉[2017年7月16日] (2019-06-08 00:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。