2019年03月28日

【3巡目-356】 下ノ加江から、以布利、窪津、38番金剛福寺まで 〈その3〉[2017年7月15日]

通常の遍路紀行へと戻ります。
「安宿」を出発し、久百々の集落を抜けて、足摺岬へと向かっている所です。



【3巡目-356】 下ノ加江から、以布利、窪津、38番金剛福寺まで 〈その3〉[2017年7月15日]久百々の集落外れから、あしずり遍路道へと入る。
山道のようになり、遍路石が転がっていた。薄い石版に文字が書かれ、斜面に寝かされている形のものが多かった。

このまましばらくは山道なのかなあ、と思っていたら、小屋のような民家がある。
村の掟を破ってこの場所へ追いやられた、などと変な想像をしていたら、単に丘を越えて数軒の民家がある場所に下りてきただけだった。

檻に入れられた大きなワンちゃんが二匹、大声で吠えている。威嚇と言うよりは、構って欲しそうである。

【3巡目-356】 下ノ加江から、以布利、窪津、38番金剛福寺まで 〈その3〉[2017年7月15日]もう一つ丘を越える車道を上ると、なだらかな道となり、しばらくで国道に合流する。

10分弱で、再び林の中へと入る道への誘導板がある。少し草が生え、道も荒れていそうな感じがしたが、入ってみることにした。
荒れた道はすぐに終わり、農道のような静かな道となった。

そこに突然、立派な新しい建物が現れる。何かの工場のようである。ちょうど出勤時間に重なったのか、従業員さんの車が何台か続けてやって来る。まだ7時半にも関わらず、朝早くからお疲れ様、である。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事画像
【3巡目-390】 民宿「くもも」② 〈その17〉[2017年7月16日]
【3巡目-389】 民宿「くもも」① 〈その16〉[2017年7月16日]
【3巡目-388】 大岐の浜、久百々へ 〈その15〉[2017年7月16日]
【3巡目-387】 大岐の浜 〈その14〉[2017年7月16日]
【3巡目-386】 土佐清水、大岐の浜へ 〈その13〉[2017年7月16日]
【3巡目-385】 土佐清水市内にて 〈その12〉[2017年7月16日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事
 【3巡目-390】 民宿「くもも」② 〈その17〉[2017年7月16日] (2019-06-18 00:04)
 【3巡目-389】 民宿「くもも」① 〈その16〉[2017年7月16日] (2019-06-16 00:03)
 【3巡目-388】 大岐の浜、久百々へ 〈その15〉[2017年7月16日] (2019-06-14 00:02)
 【3巡目-387】 大岐の浜 〈その14〉[2017年7月16日] (2019-06-12 00:01)
 【3巡目-386】 土佐清水、大岐の浜へ 〈その13〉[2017年7月16日] (2019-06-10 00:02)
 【3巡目-385】 土佐清水市内にて 〈その12〉[2017年7月16日] (2019-06-08 00:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。