2020年02月18日

【3巡目-505】 道の駅「内子フレッシュパークからり」へ [2018年9月3日]〈その9〉

【3巡目-505】 道の駅「内子フレッシュパークからり」へ [2018年9月3日]〈その9〉ビジターセンターを出発し、通常の遍路道から左手に進路を逸れる。

逸れる、と言っても、英語版のへんろ地図では、この通りから「水戸森峠」へと赤い点線が続いているので、こちらが昔からの道なのかも知れない。

「八日市・護国の町並み」と呼ばれ、江戸時代末期から明治時代の町並みが600mに渡って保存されているそうである。観光客もちらほらと歩いていた。

歴史ある町並みが途切れる所まで歩いてから、もらったパンフレットを手にしながら遍路道へと戻る。国道のすぐ側に出て来た。

【3巡目-505】 道の駅「内子フレッシュパークからり」へ [2018年9月3日]〈その9〉程なくして、車を止めてある、道の駅「内子フレッシュパークからり」に到着した。

時刻は11時42分、大洲駅から寄り道しながらのんびり歩いて、4時間20分の道のりでした。

敷地内に入ると、托鉢をしているお遍路さんが真っ先に目に入った。
托鉢禁止を謳うお寺もあるが、その勇気には感心する。
今回初めて見掛ける歩き遍路さんになるのだろうか。まさか車遍路ということは無いだろう。

ここの道の駅では川遊びが出来るという事で、一泳ぎするのを楽しみにしていた。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。