2020年04月08日

【3巡目-522】 旧小田町から、畑峠、鴇田峠、44番大宝寺、45番岩屋寺へ [2019年2月17日]〈その2〉


【3巡目-522】  旧小田町から、畑峠、鴇田峠、44番大宝寺、45番岩屋寺へ [2019年2月17日]〈その2〉道の駅「小田の郷せせらぎ」まで、宿のご主人に送ってもらった。
道の駅に来ていた方と挨拶を交わし、辺りはまだ薄暗い中、午前6時43分に今日の歩きを開始した。

寒さが厳しい。きっと気温は氷点下だろう。

本日も、小田町内では国道を一直線に進むのではなく、少し遠回りにはなるが旧道を選ぶ。

以前はへんろ地図に掲載されていた「高橋旅館」、旧小田町役場、そしてこの辺りでは一番お遍路さんが泊まっていそうな「ふじや旅館」の前を通る。通りには、昔ながらの商店が連なっていた。


【3巡目-522】  旧小田町から、畑峠、鴇田峠、44番大宝寺、45番岩屋寺へ [2019年2月17日]〈その2〉町外れまで来た所で、国道380号線に入る。

立派な道と狭い道が交互になっており、ぽつぽつと集落があり、車もたまに通る、といった感じで、それ程退屈はしない道中だった。

へんろ地図に載っている、「道徳」バス停を確認したかったのだが、見逃してしまったようである。

凄かったのは、小田町の市街地から新真弓トンネルの手前、大平集落までの5km程の間、ずっと緩やかな上りが続いていたことである。
記憶にある限り、平坦な部分や急な上りは一切無かったはずである。

大平集落からボールを転がしたら、小田市街まで転がり続けるのではないか、と思うほどだった。


タグ :歩き遍路

同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。