2020年04月14日

【3巡目-524】 畑峠遍路道② [2019年2月17日]〈その4〉

【3巡目-524】  畑峠遍路道② [2019年2月17日]〈その4〉畑峠への分岐から林の中を進むと、再び道路に出て来た。
へんろ道保存協力会による、黒い文字だけの珍しい看板が残っていた。どこか他でも一度見たことがあるような。

右の車道を行けば、新真弓トンネル経由農祖峠への道に合流出来る様子。

直進すれば、旧真弓トンネル経由で、との事。このトンネルはもう通れなくなっていると聞いている。土道だが、人が歩いた形跡も無さそうで、ちょっと探検してみたくなる。
ひわた峠経由の北コースは左へ、となっている。畑峠の復元は平成18年となっているが、この看板はもっと昔からあるような風情である。別ルートがあったのだろうか。

【3巡目-524】  畑峠遍路道② [2019年2月17日]〈その4〉畑峠への二つ目の分岐には、平成遍路石も建てられている。
いきなり、細いスギの木が道を塞いでいたが、それからは特に問題もなく、15分程で林道に到達した。

自分は転ばない男で、悪路を歩いていて転びそうになっても何とか持ちこたえられる。
今回は前方にに転んだ訳では無いのだが、最後の林道への急坂で、雨露で落ち葉が湿っており、しりもちをついてしまった。

きっと、睡眠不足続きで、ぼんやりとしていたからだと思う。この後ももう一回、別の場所で滑って、尻ではなくリュックもちをついてしまった。




同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。