2020年05月29日

【3巡目-539】 「癒しの宿八丁坂」から、千本峠、51番石手寺、松山市駅まで [2019年2月18日]〈その1〉


【3巡目-539】  「癒しの宿八丁坂」から、千本峠、51番石手寺、松山市駅まで [2019年2月18日]〈その1〉昨夜は21時半過ぎには眠りついたが、夜中に何度も目が覚めてトイレへ。早朝4時にはぱっちりと目が覚めたので、そのまま起きていた。
6時間睡眠で、三日間で11時間位しか寝てないだろう。

身体が遍路モードにならないまま、最終日となってしまった。

朝食は6時からという事で、食堂へ。
この時間から食事をしていたのは、もう一人、仕事で来ていたような青年との二人だった。

朝食もしっかりとしたものを出してくれた。ご飯もお替りする。これで一泊二食付き6800円とは、良心的な宿でした。

【3巡目-539】  「癒しの宿八丁坂」から、千本峠、51番石手寺、松山市駅まで [2019年2月18日]〈その1〉これまで、朝食を摂ると下痢気味になってしまう、と何度か記事にも書きましたが、最近では腸の調子が良くなったのか、それも無くなっているのが嬉しい所です。

午前6時半、「癒しの宿八丁坂」を出発する。
忙しい中、宿の方、板前さんが見送りに出てくれた。まだ薄暗い中、歩き始める。

それにしても、随分と冷え込んでいる。手には軍手をしているが、指先が冷たい。その内、痛くなってきた。風が無いので助かっているが、氷点下5度以下ではないだろうか。
幸いと言おうか、微妙な上り道となっているので、身体の冷えは防いでくれている。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
【3巡目-602】  別格10番西山興隆寺② [2019年3月18日]〈その11〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)
 【3巡目-602】 別格10番西山興隆寺② [2019年3月18日]〈その11〉 (2020-12-28 00:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。