2019年09月29日

【3巡目-437】 津島から、満願寺、野井坂、宇和島、「道の駅みま」まで [2017年8月28日]〈その2〉


【3巡目-437】 津島から、満願寺、野井坂、宇和島、「道の駅みま」まで [2017年8月28日]〈その2〉岩松の町並みを眺めながら歩き、町外れまでやって来ると、一般の家の一角に遍路石がある。
といっても、御影石にペンキか何かでへんろ道と書いてある。横には観自在寺や龍光寺の文字もあり、本格的である。遊び心で造ったようだ。

橋のある場所までやって来ると、渡るように指示が出ているが、そのまま道なりに進む。

1.5車線の車道だが、通勤客風の車が結構走り去って行く。随分と、出勤時間が早い。

自転車に乗った中学生が次々とやって来ては、おはようございます、と挨拶をしながら通り過ぎて行った。お遍路さんにあいさつするよう、教えられているのだろう。
ちなみに、みんなジャージ姿だったが、今の中学生は制服じゃなくなったのだろうか。

【3巡目-437】 津島から、満願寺、野井坂、宇和島、「道の駅みま」まで [2017年8月28日]〈その2〉県道4号と交差する。
県道は田んぼの中を一直線に続いており、こちらを進めば早く楽に満願寺に到着出来そうだが、ここはより古い道を選ぶ。

川沿いの道となり、歩く予定の道に川はあったかなあ、と東海図版の地図を頭陀袋から取り出して確認すると、少し手前で内陸の方へと入らなければならなかったようである。

郵便局の手前で集落内へと入り、東海図版の遍路道に合流、細道を進むと、県道に出る。斜め向かいが、番外霊場の満願寺であった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-610】  小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-610】 小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉 (2021-01-23 00:07)
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。