2020年01月09日

【3巡目-485】 別格7番金山出石寺① [2018年9月2日]〈その9〉

【3巡目-485】 別格7番金山出石寺① [2018年9月2日]〈その9〉最後の急坂だろうか、勾配がきつくなってくる。
お地蔵さんが多く見られるようになってきた。

お寺による看板があり、勝手にお地蔵さんを奉納していく方が増えて困っているので、一ヶ所にまとめた、と書かれていた。
よく分からないが、お寺の敷地に、勝手にお地蔵さんを置いていくような方がいるのだろうか。

玉垣が見えてきて、ついに[7]金山出石寺に辿り着いたようである。

広場のようになっており、馬の銅像や神社の鳥居、巨大なお大師さん、その奥には駐車場がある。そして、最後の長い石段が待ち構えていた。
車で来たのだろう、参拝客が一人いらっしゃり、一生懸命に写真を撮りまくっていた。

【3巡目-485】 別格7番金山出石寺① [2018年9月2日]〈その9〉800mを超える山のお寺、という事で、いつもだったら山道の途中で息が続かなくなることが多いのだが、今回はなぜか真夏にも関わらず、意外と楽に上れた印象である。

最後の石段を一歩ずつ乗り越えていき、山門に到着した。
伊予平野駅から掛かった時間は、3時間40分だった。

境内に入って驚いたのは、納経所に人がいることだった。それも二人である。別格の納経所と言えば、ブザーなどを鳴らして係りの人を呼ぶのが普通である。
そして、参拝客の姿が5組程もあったのにも、お寺では貸切なことも多いので驚いてしまった。食堂や売店までもある。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。