2020年01月19日

【3巡目-490】 別格7番金山出石寺、(高山・阿蔵ルート)、伊予大洲駅まで [2018年9月2日]〈その14〉


【3巡目-490】 別格7番金山出石寺、(高山・阿蔵ルート)、伊予大洲駅まで [2018年9月2日]〈その14〉緩やかな車道をのんびりと下って行く。

交通量は少なく、2時間ほど歩いて通り過ぎて行った車は5台だけだったろうか。

この車道沿いにも、丁石がいくつか置かれていた。単に大洲市街への近道と思っていたが、昔からの道だったのか、と少し感動しながら進む。

「別格7番金山出石寺」へのルートについては、大洲市内の「ときわ旅館」さんのHPに、『別格七番札所出石寺への「へんろ参拝ルートマップ」を必要な方にお渡ししております。』と書かれている。
どんな地図なのか見たことはないのですが、きっと参考になるのではないでしょうか。

【3巡目-490】 別格7番金山出石寺、(高山・阿蔵ルート)、伊予大洲駅まで [2018年9月2日]〈その14〉どこかでショートカットの道に入るはず、と注意深く歩いていると、ポールに出石寺方面への遍路シールが貼られ、きれいに草刈りされた土の道が下方に続いている場所があった。

ここがきっと遍路道に違いない、と案内は無かったが入ってみることにした。
道を下って行くと、こんな森の中に数基のお墓があり、その先に道は無かった。

墓地の所有者が草刈りをしていたのだろう。瀬田ルートを歩いていた時にも、森の中に墓地があったし、この地域ではこうした場所に墓地を置く風習があるのだろうか。

後で振り返ってみると、ショートカットはもっと先であった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。