2020年04月02日

【3巡目-520】 「山宿お食事処むらや」② [2019年2月16日]〈その13〉

【3巡目-520】  「山宿お食事処むらや」② [2019年2月16日]〈その13〉夕食は午後6時からだった。
食事は、こたつのある1階の大きな部屋で頂くことになる。早速、ビールをお願いする。

宿代は少々高かったものの、お食事処、というだけあって、しっかりとした料理でした。

特に、クジラの刺身というものが出てきて、これがとても美味しかったです。どこで仕入れてくるのだろうか。

その内に、もう一人の宿泊客の方がやって来た。
お遍路さんではなく、スキーをしに来たという、高知県南国市の(29)国分寺の近くに住んでいるという、62才の方でした。

【3巡目-520】  「山宿お食事処むらや」② [2019年2月16日]〈その13〉62と言っても、10才くらいは若く見える。大人しそうな方だったが、56才からスノーボードを始めた、毎週のようにスキーに出掛けている、先日は福井県へ、来週は長野県へ、とエネルギッシュに活動されているそうである。

スキー場は標高1200m程の場所にあるそうだが、今年は雪が少なく、薄っすらとしか積もっていなかったらしく、人工降雪機が稼働している、との事。

この様子では、明日の畑峠や鴇田峠が雪で埋まっていることはまずないだろう、安心した。

一般の方との夕餉でしたが、なかなか楽しかったです。
ご飯はお替りし、おかずもしっかり完食させて頂きました。


山宿お食事処むらや:一泊二食 9180円
      ※洗濯はしていないので値段等は不明。浴衣・お茶あり、自販機なし。
        朝食は午前6時から。
       宿泊客:歩き遍路1人、一般客1人



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。