2020年04月17日

【3巡目-525】 畑峠遍路道③、下坂場峠 [2019年2月17日]〈その5〉

【3巡目-525】  畑峠遍路道③、下坂場峠 [2019年2月17日]〈その5〉畑峠の歩きの道は15分程で、後は林道を繋いだような印象だった。

オフロードバイクの攻める道にもなっているのか、写真のような手作り看板もあった。
全く通る車も人の姿も無い道を、黙々と下って行く。お墓が数基あったくらいだろうか。

ようやく民家が見えてくるとすぐに、三嶋神社があった。鴇田峠経由の通常の遍路道と合流である。

自販機もある小さな商店と、少ないながらも民家が並んでいる。たまたま家から出て来た方とすれ違い、挨拶を交わす。

【3巡目-525】  畑峠遍路道③、下坂場峠 [2019年2月17日]〈その5〉のどかな里山の道となる。
ウメの花は、至る所で見られていたのだが、黄色いロウバイの花をようやく見つけることが出来た。

車道のどん詰まりまで来ると、いよいよ歩きの山道となった。遍路石は鴇田峠遍路道となっているが、下坂場峠への入口である。

森の中を進み、一旦下って沢を渡る。ここまでは覚えているが、林道へ出て少し進み、再び山道へと入る。これまで二度歩いているはずなのだが、こんな道だったかなあ、と全く記憶に無い。人間の記憶など、この程度なのだろうか。

災害か何かで道が付け替えられたのか、などとも思ったが、出口となる下坂場峠ははっきりと覚えていた(写真に残してあった)ので、確かにこの道である。
下坂場峠は短いので、それ程キツイという事はなかった。本日二つ目の峠、クリアである。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。