2020年04月20日

【3巡目-526】 下坂場峠、鴇田峠① [2019年2月17日]〈その6〉

【3巡目-526】  下坂場峠、鴇田峠① [2019年2月17日]〈その6〉山道から車道に出た所が下坂場峠で、ここからは立派な舗装路を下って行く。
積雪は全く無かったが、除雪を行っています、と立派な看板が出ていた。やはり雪の多い地域のようである。

下界まで降りて来る。
遍路石のある、民家の裏側を通る、短くてお馴染みの遍路道へと入り、宮成の集落内を歩く。久し振りに民家の連なる通りを歩く印象である。

確かどこかで右に入って鴇田峠へ向かうはずだったなあ、などと思っていたら、そのまま道なりに進めば、峠への道となっていた。

【3巡目-526】  下坂場峠、鴇田峠① [2019年2月17日]〈その6〉10年ぶりの鴇田峠である。覚えているのは、別荘が見られたことと、峠に東屋があったかなあ、という程度である。

町外れに自販機があり、峠越えの前に少し休憩していこうかとも思ったが、久万の町で昼食を摂りながら乾杯しよう、と頑張ることにした。

四国のみちの木柱があり、(44)大宝寺まで6.0kmとなっているが、同じ場所に愛媛県によるシールが貼ってあり、9.2kmとなっていた。どういうことだろうか。
時間に追われながら歩いていたので焦ってしまった。6kmが正解である。

今日は、宿に着くのがあまりにも遅くなってはいけない、と時間を気にしながらの歩きでした。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。