2020年04月23日

【3巡目-527】 鴇田峠② [2019年2月17日]〈その7〉

【3巡目-527】  鴇田峠② [2019年2月17日]〈その7〉狭い車道を少しずつ上って行くと、私設の小さな休憩所があった。せっかくなので、軽く腰を下ろさせてもらう。
遍路ノートにさっと記入し、道路向かいに鎮座するお地蔵さんに手を合わせて早々に出発した。

人気の無い道を進んでいくと、別荘らしき建物が見えてきて、たくさん車が止まっていた。

ここから、歩きの土道へと入る。
飼われているヤギの姿もあるが、遍路慣れしているのか、通り掛かっても無反応だった。少しずつ標高を稼ぎながら山道を進み、森の中へと入って行く。

【3巡目-527】  鴇田峠② [2019年2月17日]〈その7〉お堂があり、遍路札などがたくさんぶら下がっている柵が見えてきた。これは何か記憶にある。

そして「だんじり岩」、の案内板があった。確か、どこに岩があるのか分からないまま通過した覚えがある。
よく見ると、道端に沿って岩が続いている。土を被っていたり草が生えてきたりしていて気が付かなかった。これがだんじり岩なのだろう。

お堂には、昭和初期に置かれた石碑があり、ヒフ病が治ったことによるお礼のものであった。こうやってお礼参りが出来るというのは、良かったなあと思う。幽玄な雰囲気が漂っている場所だった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。