2020年05月14日

【3巡目-534】 八丁坂、45番岩屋寺へ [2019年2月17日]〈その14〉

【3巡目-534】  八丁坂、45番岩屋寺へ [2019年2月17日]〈その14〉県道から歩きの道へと入る。
それ程きつくはない、緩やかなアップダウンを繰り返しながら進んで行く。

こんな山の中にも民家がある。以前歩いた時には畑に作物が育っていたりしたものだが、この冬の時期には人の気配がしない。住人はお元気なのだろうか。

八丁坂への分岐点となる。そのまま進めば古岩屋荘の横へと通じている。
どちらを経由しても、(45)岩屋寺は山の上にあるので、上り道を覚悟しなければならない。右の八丁坂に入り、山の上を目指す。

【3巡目-534】  八丁坂、45番岩屋寺へ [2019年2月17日]〈その14〉きつい上りが続く、と聞いたことがあるが、心積もりして歩いているからだろうか、それ程でもないかなあ、という印象がある。

15分程で頂上、槇の谷からの道との合流点となっている、八丁坂の茶店跡に辿り着いた。遍路石などが残されている場所である。

ここからは、緩やかなアップダウンはあるものの、きつい上りはないはずである。
寝不足状態が続いているが、今日最後の峠を制覇出来て、ホッとした。

落ち葉でフカフカな尾根道となり、時折、右に左に視界が開ける。定期的に表れる丁石に手を合わせながら、(45)岩屋寺へと向かう。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
【3巡目-605】  別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉
【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉
【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)
 【3巡目-605】 別格11番生木地蔵、小松まで [2019年3月18日]〈その14〉 (2021-01-08 00:06)
 【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉 (2021-01-05 00:05)
 【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉 (2020-12-31 00:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。