2020年05月17日

【3巡目-535】 45番岩屋寺 [2019年2月17日]〈その15〉

【3巡目-535】  45番岩屋寺 [2019年2月17日]〈その15〉尾根道から、下り道となる。お堂や幟が多く見られるようになるが、自分の知識ではどういったものなのか、なかなか頭に入ってこない。

岩の裂け目を梯子と鎖で上る、という行場「逼割行場」がある。
高い所は苦手なのだが、地面が見えない裂け目だったら何とかなるだろうか。一度挑戦してみるべきか。

歩きの道をジグザグと下って行き、午後4時5分にようやく、(45)岩屋寺の山門が見えてきた。
こちらが正式な入口かと思うが、ほとんどの参拝客は反対側からやって来るので、こちらが裏側のような印象である。

【3巡目-535】  45番岩屋寺 [2019年2月17日]〈その15〉本堂の屋根下には、今回唯一見掛ける雪がわずかに残っていた。

参拝客には、自分と同年代くらいの夫婦だろうか、お経をしっかりと唱えてお参りしていた。

奥さんの方から、歩きですか、と声を掛けられ、お賽銭にでもして下さい、と500円を頂いた。有難いことである。納札をお渡しする。
お賽銭では無いが、その後、頂いたお金を使い、(47)八坂寺でお守りを買わせてもらいました。

話は変わって素朴な疑問なのだが、この(45)岩屋寺、足腰の悪い方は参道を上がって来れないと思う。どうやってお参りしているのだろう。添乗員さんなどに納経を依頼して、麓で待機、とかだろうか。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-553】  50番繁多寺 [2019年2月18日]〈その15〉
【3巡目-552】  49番浄土寺、50番繁多寺へ [2019年2月18日]〈その14〉
【3巡目-551】  48番西林寺、49番浄土寺へ [2019年2月18日]〈その13〉
【3巡目-550】  番外丈ノ渕、48番西林寺 [2019年2月18日]〈その12〉
【3巡目-549】  別格9番文珠院、48番西林寺へ [2019年2月18日]〈その11〉
【3巡目-548】  47番八坂寺、別格9番文珠院 [2019年2月18日]〈その10〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-553】 50番繁多寺 [2019年2月18日]〈その15〉 (2020-07-10 23:58)
 【3巡目-552】 49番浄土寺、50番繁多寺へ [2019年2月18日]〈その14〉 (2020-07-07 23:57)
 【3巡目-551】 48番西林寺、49番浄土寺へ [2019年2月18日]〈その13〉 (2020-07-04 23:56)
 【3巡目-550】 番外丈ノ渕、48番西林寺 [2019年2月18日]〈その12〉 (2020-07-01 23:55)
 【3巡目-549】 別格9番文珠院、48番西林寺へ [2019年2月18日]〈その11〉 (2020-06-28 23:54)
 【3巡目-548】 47番八坂寺、別格9番文珠院 [2019年2月18日]〈その10〉 (2020-06-25 23:53)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。