2020年12月01日

【3巡目-593】 58番仙遊寺から、59番国分寺、別格10番興隆寺、小松まで [2019年3月18日]〈その2〉


【3巡目-593】  58番仙遊寺から、59番国分寺、別格10番興隆寺、小松まで [2019年3月18日]〈その2〉(58)仙遊寺からは、通常の遍路道ではなく、東海図版の「四国遍路地図」でピンクの点線が入っている、番外の竹林寺に立ち寄るルートを歩いてみることにしている。
初めての道なので、さてどうなるだろうか。

まずは、昨日歩いた道を戻り、山門を抜け、東屋のある付近まで来ると、(59)国分寺への分岐があり、ここからは歩きの道となる。

ひたすら下りとなる。その昔、仙遊寺の太鼓の音がうるさい、と怒った五郎兵衛さんが転んだ、という五郎兵衛坂を過ぎ、しばらく下ると、T字路になっている。通常は左へと進むが、右の竹林寺方面へと進む。

【3巡目-593】  58番仙遊寺から、59番国分寺、別格10番興隆寺、小松まで [2019年3月18日]〈その2〉道を下って行くと、車道に出て来た。
そのまま道なりに進めばいいのだろうが、左手に歩きの道が続いている。こっちかなあ、と思い下ってみると、へんろ札があり、逆打ちだろうか、お遍路さんが上って行く姿が見え、一瞬、訳が分からなくなってしまった。

おそらく通常の(59)国分寺への遍路道に出てしまったのだろう、と分かり、来た道を戻って、車道を下った。

ため池のある、土居という集落に出て来た。地図で確認すると、オレンジの点線(廃道・未整備)の道を通ってきたようである。

さて、ここから道が分からなくなってしまった。道しるべは無い。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-611】  61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉
【3巡目-610】  小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-611】 61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉 (2021-01-27 00:06)
 【3巡目-610】 小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉 (2021-01-23 00:07)
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。