2020年12月07日

【3巡目-595】 59番国分寺へ [2019年3月18日]〈その4〉

【3巡目-595】  59番国分寺へ [2019年3月18日]〈その4〉番外霊場の竹林寺への分岐を過ぎる。遍路シールなどは全く見当たらず、東海図版の地図を片手に進む。

県道を離れ、静かな道へと入る。
遠くの山にはずっと、楽しかった(58)仙遊寺の宿坊が見えている。
また、仙遊寺を出てからわずか1時間で、こんな遠くまで来れるとは、人間の歩く力は凄いものである。

ここから(59)国分寺までは、右に左に曲がり角がある。橋を渡り対岸へ、福祉施設があり、ここで良いのかなあ、と思いつつ右折する。
ポツポツと家がある程度で、田んぼが広がるようになる。

【3巡目-595】  59番国分寺へ [2019年3月18日]〈その4〉どこかで左折せねば、ここかなあ、と民家の角を曲がってみると、こんな場所に期せずして金属枠で守られた遍路石が建っているのを発見、とても嬉しかった。

田んぼの中の農道のような道路だったが、集落の中の、時折車が通るような道となる。
たまたま出会ったおじいさんから話し掛けられ、どちらから来られた、と話し掛けられる。

右に左に曲がってややこしかったのでは、との事、確かにそうだった。遍路道のことをご存知のようであった。地元の方は、古くからの道を知っているのだろうか。

たまにお遍路さんがここを通るそうで、それにも驚いてしまった。昔からの道を追求しているようなお遍路さんに会ってみたいのだが。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-611】  61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉
【3巡目-610】  小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-611】 61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉 (2021-01-27 00:06)
 【3巡目-610】 小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉 (2021-01-23 00:07)
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。