2020年12月28日

【3巡目-602】 別格10番西山興隆寺② [2019年3月18日]〈その11〉

【3巡目-602】  別格10番西山興隆寺② [2019年3月18日]〈その11〉雰囲気のある石段を上る。長年の歩き遍路で鍛えられているからか、それ程苦にもならない。

赤い橋といい、長い石段、ずらりと並んだ、寄進者の名が書かれた玉垣など、[15]箸蔵寺とよく似ていた。
[10]興隆寺も、かつては大きく信仰を集め、参拝客で大賑わいだったのだろう。

立派な石垣のある踊り場となっている道を通り、最後の石段を上ると境内となった。お寺の敷地はかなり広そうに思われたが、境内は小ぢんまりとしている。

山上のお寺に来たからには、と早速、忘れずに鐘を撞かせてもらった。気持ちが良い。

【3巡目-602】  別格10番西山興隆寺② [2019年3月18日]〈その11〉大師堂から撮った写真だが、境内はコンパクトにまとまっている。

納経所らしき建物があったので、てっきり人がいるのかと思っていたら、納経は下の庫裏で行っており、境内にはずっと誰もいなかったようである。
また、残念ながら、最後まで参拝客の姿を見ることは無かった。

庫裏にある納経所は住居も兼ねているのだろうか。同い年くらいの女性が納経してくれた。
ここに入る時の門を出る時に振り返って、掛かっている額が、弘法大師直筆、と言われているのでぜひ見ていって、との事だった。
「西山〇〇」と額があったが、これだろうか。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-611】  61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉
【3巡目-610】  小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-611】 61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉 (2021-01-27 00:06)
 【3巡目-610】 小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉 (2021-01-23 00:07)
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。