2021年08月17日

【3巡目-664】 曼陀峠、66番雲辺寺へ [2019年8月5日]〈その7〉

【3巡目-664】 曼陀峠、66番雲辺寺へ [2019年8月5日]〈その7〉しばらくは、緩やかに勾配のある車道となる。県境に沿っているから尾根道になるのだろうが、草むらが広がる味気ない道が続く。

何でもない場所に「旧曼陀峠」の木柱と案内板があり、かつては阿波と讃岐を結ぶ道が南北に続いていた、とある。

東は雲辺寺、西は三角寺に通じる遍路道、の表記もあることから、ここで交差点のようにクロスしていた、という事だろうか。

「曼陀高冷地野菜団地」なる解説板もあり、高品質のキャベツが生産されています、と書かれているが、畑は全然見掛けなかった。これまで続いていた草むらが、かつての畑跡なのだろう。

【3巡目-664】 曼陀峠、66番雲辺寺へ [2019年8月5日]〈その7〉昔からの道のはずなのだが、あまりその形跡が無いのは、畑の造成によって道が変わってしまったのかも知れない。

そろそろ休憩したいと思いつつ、休憩すると水をガバッと飲んでしまいそうで我慢する。3時間以上、まともに休まなかったかも知れない。

汗をあまりかかないようにゆっくりと歩き続け、(66)雲辺寺を目指す。怖くて、残りの水量を確認するのも憚れた。

宿で凍らせてもらった水をチビチビと補給する。
車も全く通らなかったから、今にして思えば何かあったら危なかったなあ、と思う。水場も無かった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(香川))の記事画像
【3巡目-757】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その6〉
【3巡目-756】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その5〉
【3巡目-755】 85番八栗寺 [2020年8月29日]〈その4〉
【3巡目-754】 85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その3〉
【3巡目-753】 番外洲崎寺から、85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その2〉
【3巡目-752】 番外洲崎寺から、86番志度寺まで [2020年8月29日]〈その1〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(香川))の記事
 【3巡目-757】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その6〉 (2022-07-05 00:06)
 【3巡目-756】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その5〉 (2022-06-26 00:05)
 【3巡目-755】 85番八栗寺 [2020年8月29日]〈その4〉 (2022-06-23 00:04)
 【3巡目-754】 85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その3〉 (2022-06-20 00:03)
 【3巡目-753】 番外洲崎寺から、85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その2〉 (2022-06-17 00:02)
 【3巡目-752】 番外洲崎寺から、86番志度寺まで [2020年8月29日]〈その1〉 (2022-06-14 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。