2021年11月22日

【3巡目-691】 71番弥谷寺① [2020年7月23日]〈その5〉

【3巡目-691】 71番弥谷寺① [2020年7月23日]〈その5〉少し身体を休めた所で、「ふれあいパークみの」を出発する。
(71)弥谷寺まで、息が切れるほどではないが、ずっと上り道が続く。

少し山手に入った所で、「山上バス」の看板があり、バス待合所とトイレがある、新しそうな建物があった。
こんなバスがあったとは今まで気が付かなかった。大師堂まで走っているようである。

参拝客なら誰でも乗れるバスなのだろうか。また、料金は掛かるのだろうか。

この先に続く赤い手すりの石段では、車遍路の方もヒーヒー言いながら上がっているのをよく見掛けるから、団体専用のバスなのかも知れない。

【3巡目-691】 71番弥谷寺① [2020年7月23日]〈その5〉T字路となり、左に行けば(71)弥谷寺、右は(72)曼荼羅寺への分岐となる。
弥谷寺本堂までは、「階段約530余」と記されている。

弥谷寺方向に進んだ日当たりの悪い場所に、空き家となった俳句茶屋があった。別格の海岸寺の方に移転した、との事である。
修繕工事中、となっていたが、何か別の用途で使われることになるのだろうか。

お寺までずっと、ゆるやかな石段が続く。仁王門をくぐった後に続く辺りが、「賽の河原」と呼ばれているようである。
弥谷寺のある弥谷山は、古来より霊山として信仰された、そうであるから、霊感のある方には感じるものがあったりするのかも。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(香川))の記事画像
【3巡目-757】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その6〉
【3巡目-756】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その5〉
【3巡目-755】 85番八栗寺 [2020年8月29日]〈その4〉
【3巡目-754】 85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その3〉
【3巡目-753】 番外洲崎寺から、85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その2〉
【3巡目-752】 番外洲崎寺から、86番志度寺まで [2020年8月29日]〈その1〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(香川))の記事
 【3巡目-757】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その6〉 (2022-07-05 00:06)
 【3巡目-756】 85番八栗寺から、86番志度寺へ [2020年8月29日]〈その5〉 (2022-06-26 00:05)
 【3巡目-755】 85番八栗寺 [2020年8月29日]〈その4〉 (2022-06-23 00:04)
 【3巡目-754】 85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その3〉 (2022-06-20 00:03)
 【3巡目-753】 番外洲崎寺から、85番八栗寺へ [2020年8月29日]〈その2〉 (2022-06-17 00:02)
 【3巡目-752】 番外洲崎寺から、86番志度寺まで [2020年8月29日]〈その1〉 (2022-06-14 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。