2022年03月20日

【3巡目-727】 82番根香寺、80番国分寺へ [2020年7月25日]〈その8〉

【3巡目-727】 82番根香寺、80番国分寺へ [2020年7月25日]〈その8〉山の中腹の踊り場で一休みし、再出発する。

朽ちかけた、へんろ道保存協力会の立杭がある。
棒の部分に文字が書いてあり、これを読むのを楽しみにしている。

今回の物は、「御法号 唱えて歩む 暗闇の 彼方に 曙光・・・」となっていた。どこの立杭もどんどん読みにくくなってきており、いずれは見られなくなってしまうだろう。写真を撮って保存しておく。

お堂がある場所に出て来ると、道がコンクリートとなり、墓地の中を通るようになる。
いよいよ下界に降りてきた、といった感じになる。

【3巡目-727】 82番根香寺、80番国分寺へ [2020年7月25日]〈その8〉大量に遍路シールが残っている電柱があったから、写真に残しておく。
遍路シールの時代はもう終わってしまうのだろうか。

民家が見られるようになってきた。
地元の方の視線が気になるから、念のため、外していたマスクを再び着用する。

道なりに(80)国分寺まで下って行くかと油断していたら、右に曲がる場所があった。間違えそうになる。

どんどん道を下って行くと、周囲の景観とは違和感がある、ラブホテルが建っていた。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(香川))の記事画像
【3巡目-747】 番外洲崎寺 [2020年7月26日]〈その9〉
【3巡目-746】 84番屋島寺、番外洲崎寺へ [2020年7月26日]〈その8〉
【3巡目-745】 84番屋島寺③ [2020年7月26日]〈その7〉
【3巡目-744】 84番屋島寺② [2020年7月26日]〈その6〉
【3巡目-743】 84番屋島寺① [2020年7月26日]〈その5〉
【3巡目-742】 84番屋島寺へ [2020年7月26日]〈その4〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(香川))の記事
 【3巡目-747】 番外洲崎寺 [2020年7月26日]〈その9〉 (2022-05-24 00:06)
 【3巡目-746】 84番屋島寺、番外洲崎寺へ [2020年7月26日]〈その8〉 (2022-05-21 00:07)
 【3巡目-745】 84番屋島寺③ [2020年7月26日]〈その7〉 (2022-05-18 00:08)
 【3巡目-744】 84番屋島寺② [2020年7月26日]〈その6〉 (2022-05-15 00:09)
 【3巡目-743】 84番屋島寺① [2020年7月26日]〈その5〉 (2022-05-12 00:08)
 【3巡目-742】 84番屋島寺へ [2020年7月26日]〈その4〉 (2022-05-09 00:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。