2021年01月05日

【3巡目-604】 別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉

【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉別格11番の生木地蔵へと向かう。

別格のお寺は途中から周り始めており、生木地蔵で別格二十霊場結願、となり、四国八十八ヶ所と合わせて、ついに108ヶ所満願となる。
いよいよ、という思いである。

[10]西山興隆寺から[11]生木地蔵まで、別格霊場の割には遍路札や遍路シールもちゃんとあって、迷うことなくスムーズに歩くことが出来た。

結構車通りが多い道に出てくると、「生木前」というバス停まである。道を横断し、[11]生木地蔵に到着した。

【3巡目-604】  別格11番生木地蔵 [2019年3月18日]〈その13〉生木地蔵(正善寺)と看板がある。正式には正善寺なのだろうか。

小ぢんまりとしており、山門も無く、あまりお寺といった感じもしないが、街中で気軽に来れそうな雰囲気でもある。

本堂横には、弘法大師が地蔵菩薩を彫ったという、クスノキの大きな枯れ木が横たわっていた。生木地蔵の名前の由来にもなっているようである。

本堂軒下には、為になる言葉などが書かれたビラが並べてあり、一通り手にする。住職さんの意向だろうか。
お寺には、珍しくもう一人、参拝客がやって来ていた。

108ヶ所満願ということで、少し休憩をしながら、一人感慨に耽る。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-611】  61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉
【3巡目-610】  小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-611】 61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉 (2021-01-27 00:06)
 【3巡目-610】 小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉 (2021-01-23 00:07)
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。